[SDBHカード性能解説]スターターパック「ゼノゴールド」使い方まとめ

今回は2020314日土曜日に発売したスーパードラゴンボールヒーローズスターターパック「ゼノゴールド」で収録されているカードの使い道を簡単にご紹介させていただきます。

(今回は重要なところだけをご紹介させていただいております。各カード個々の詳細な使い道に関しては、順次更新させていただきますのでお待ちください。)

本セットは「スターターセット」と命名されておりますが、このセットは販売価格が500円というのにも関わらず収録内容が非常に豪華であり、同時発売の「アルティメットシルバー」収録の「ザマス合体」にばかり目を取られがちですが、「ゼノゴールド」も強力なカードが複数収録されております。

管理人の近所には「ゼノゴールド」だけなら売れ残っていることが多かったので、まだ購入されていない方は残っていた場合には購入を検討してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

孫悟空ゼノ


アビリティの発動条件が色々と厳しそうですが、発動できればユニットメンバーを気力ダメージから守れたり、ステータス増加をさせることができたりと得るものは大きいかと思います。

このアビリティを発動させるポイントとしては、このカードも持っている「合体」によって自分チームの人数そのものを減らしたり、アタッカーにしても人数には数えられない下記のような「巨大化キャラ・SPカード」といったカード達と相性が良さそうです!

 

ベジータゼノ


暴走悟空のように倍増を活かした「究極龍拳」のようなCAA・TAAはありませんが、「合体効果によるダメージ3倍」と「不意打ち」のアビリティで合体後は「3倍ダメージ&ガードとダメージ軽減効果を無効」による攻撃が非常に強力です。エナジー妨害も可能であるため、活躍できる場は割と多そうです。

悟飯ゼノ


下記のトランクスゼノと「ユニット・ユニットメンバー・アビリティ内容」の3点に共通点が多いため、一緒に編成することで「戦闘力制限ユニット」・「防御系アビリティ」を各2枠ずつ編成することができ、シンプルに強いデッキが組めそうです。

「かめはめ波」による復活対策にも期待できますね!

悟天ゼノ


今まで悟天ゼノの候補としては、「逆襲の好機+神龍」・「絶好の好機+パワー1ロックオン」といった候補が使われていた印象がありますが、今回収録の悟天ゼノでは「気絶を狙えるトリプルアタック」くらいしか見所が無いため、上記の2枚に比べると使われる頻度は低くなることが予想されます。

トランクスゼノ


「タイムパトロール」によるCI補助は相手によって機能しない可能性があるため個人的には「無いよりは増し程度」で考えていますが、上記でご紹介した「孫悟飯ゼノ」とユニットメンバーが被っているため、

悟飯ゼノの他に「戦闘力制限ユニット」を組む必要がないというデッキの場合には「ユニット発動のタイミング」での気力回復をでき、「回復した分の気力を相手から妨害されにくい」といったメリットを活かしての採用が個人的には良いかな~と思っています。

この他にもユニットメンバーの孫悟飯:ゼノの枠で「戦闘力を3倍にできる」下記のカードとトランクスが持つ、「ダブル効果を合わせて戦闘力6倍を付与させる。」といった使い方も個人的には良いかと思います。

時の界王神


「神聖なる力」持ちの「時の界王神」を採用したいのであれば、2R目のチェンジによるHP増加も考えるとありなのかもしれません。

また、チェンジ前の状態では「ヒーロータイプで通常形態」であるため、下記の「時の界王神の加護「2Rでチェンジをする」・「1Rでサポーターに下げない」限りは見分けがつかないという点も「プレイング」的な意味で効果がありそうです。

魔神ドミグラ


「冷たい眼光」による1Rのエナジー増加妨害と「ゴッドメテオ」を保有していますが、ゴッドメテオ効果が「サポーターのパワー・ガードを1人につき3000ダウン」という使い勝手が悪いものとなっているのと、魔神ドミグラの枠には他にも多数の有力な採用候補が存在するため、使用頻度は低いでしょう。

まとめ


今回は2020314日土曜日に発売したスーパードラゴンボールヒーローズスターターパック「ゼノゴールド」で収録されているカードの使い道を簡単にご紹介させていただきました。

アルティメットシルバーのように環境で使われ続けるようなカードは無いかもしれませんが、デッキ構築の幅を広げる分には十分に役立つセットであり、500円を払う価値は十分にあるかと思いますので、まだ購入されていない方はぜひ購入を検討してみてください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら