[SDBHカード性能解説]UM6-50 孫悟空BRの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

性能紹介


「極めし力」

  • 「アタッカーにした作戦決定時のタイミング」で自分チームのアタッカー全員のパワーを永続で5000上昇
  • 自分チームのアタッカーの人数が5人以下の時は、そのラウンド中の自分チームのアタッカー全員のダメージ倍増効果を無効にする
  • [アタッカーにすればどちらも毎回発動]

ダメージ倍増効果に関してはこちら→[倍増効果・軽減効果?] SDBH カード用語をおすすめカード使って解説

「フュージョン」

  • 2R目以降の「ラウンド開始時のタイミング」で「合体モード」に突入して「ベジータSSGSS」と合体をすることができる。
  • 合体すると「ラウンド開始時のタイミング」で「自分の気力を2メモリ回復・そのラウンドの気力消費による戦闘力上昇率2倍」「自身の気絶無効・CIによる攻撃時に2000の固定ダメージを与える」を各ラウンドで発動可能となる。

色々と「ラウンド開始時のタイミング」と記載をしましたが、正確には

  • アプリ選択
  • ラウンド開始時に発動できるアプリ効果発揮
  • 一部の例外を除いたラウンド開始時に発動可能なカードが保有するアビリティ効果発揮
  • ユニット効果の発動
  • 合体モード突入
  • 合体をしたことで発揮できるアビリティ発動
  • 3で記載をした一部の例外アビリティ効果発揮(分け合う仙豆・堅実な戦法など)

こんな感じの発動処理順です。もちろん、このアビリティや効果処理の合間にも発動するものはありますが、普通に対人戦をする上ではこれくらい覚えておけば問題ないかと思います。

注意点↓

合体相手の状態しては絶対順守です。少しでも状態が違うと「合体」が発動しませんので注意しましょう。

合体をすることでチームの人数が1人減ることになります。

これによってベビトラのアビリティをアビリティを発動させやすくさせてしまう等のデメリットがありますので注意しましょう。

(もちろんデメリットだけでなくメリットもあります。よく考えた上で発動をするかどうかを検討しましょう。)

合体をした場合にアビリティの発動をできるのは「合体」のアビリティを保有しているカードのみです。

合体によって消滅したカードのアビリティはバトル中には使えなくなるため注意しましょう。

アビリティ・合体に関して


アビリティによる「自分チームのアタッカー全体のパワー5000増加」は下記の「ロベルやベジータBR」といった

最近のパワー増加系のカードが保有するアビリティと比較してしまうと劣って見えてしまいますが「後でご紹介するアビリティ効果のおまけで保有している」と考えると、十分すぎる内容だと思います。

自分のアタッカー人数が5人以内である時に発動できる「自分チームのダメージ倍増効果無効」は、文字通り自分チームに付与された「ダメージ~倍」という効果を全て等倍に戻してくれる効果です。

これだけだと「せっかく4倍とかのダメージを与えられるのに、その効果を自ら全て打ち消してしまう使えないアビリティ」に思われるかもしれませんが

ドラゴンボールヒーローズというカードゲームには「ダメージ倍率を現在の10分の1」に変更する「獄炎のゴッドメテオ」や「時の界王神の加護」といったアビリティが存在するため、そういったアビリティの対策として対人戦だとよく使われております。

他の「自分自身のダメージ倍増無効」を可能にしてくれる「ラムーシ・時の界王神」といったカードと比較しても

アビリティ発動条件やアビリティの内容自体の違いから、それぞれのカードが差別化できているため、どれが劣っているということは無いように思われます。

合体効果の「気絶無効・固定ダメージ2000」というのは、自身がダメージ倍増無効を保有・アタッカーを減らす必要がある・常時アタッカーにしたいという3点を見事に達成してくれているため、アビリティとの相性は非常に良いという印象ですが

肝心の合体相手である「ベジータBR・SSGSS状態」のカードに良い候補が存在しないため、全くと言って良いほど合体効果を使われているところを見たことがありません。

(現状のカードプールで考えるなら下記のベジータBRくらいかな・・・)

ベジータBR・SSGSSに関しては今後登場する可能性が0ではないので今後に期待をするしかないかと思います。

相性の良いアバター


このカードは「サイヤ人男・女アバターバーサーカータイプ」と非常に相性が良いかと思います。

「ダメージ倍増無効」と「ダメージ倍増を上乗せする、サイヤ人系アバターのバーサーカータイプ」では一見相性が悪そうにも思えますが

バトスタでは試合前に使用アバターがわかってしまうため「サイヤ人系のアバターを使うときは獄炎が多く採用されているような気がします。」

(上記の獄炎の採用頻度に関しては管理人の体感を元に記載をしております。実際の数値とは相違がある可能性もございますので予めご了承ください。)

そんな時に、今回の悟空BRを採用すると「獄炎」の対策というだけでなく、パワー増加まで狙うことができますので採用しておいて損はないかと思います。

「ダメージ倍増無効」はアタッカー5人以下でのみの発動ですので、倍増効果を発動しても問題ない時はアタッカーの人数を増やすことで「通常通りの倍増発動&パワー5000増加」のみを発動してしまいしましょう!

仮に「ダメージ倍増」を無効にするしかなかったとしても「貫通トワ」等で相手の防御を無効にしてダメージ計算をすることができれば

パワー5000増加・通常のCIによる攻撃に加えて「ゴッドかめはめ波・究極龍拳」での攻撃もありますのでそれなりのダメージを期待することができるかと思います。

最近では「1R限りのダメージ倍増効果」の低下を狙ってくる「獄炎」とは違い「バトル中は永続的にダメージ倍増効果を7割カット」してしまう

BM1弾の「時の界王神」といったカードも登場しておりますので、サイヤ人系のアバターを使用していらっしゃる方は絶対に孫悟空BRを抑えておくべきかと思います!

時の界王神の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BM1-66 時の界王神の使い方と個人的評価

貫通トワの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]GDM4-54 トワの使い方とデッキレシピ

デッキ紹介&まとめ


そんな「孫悟空BR」を使ったデッキがこちらです!

どこかで見たことのある構成かと思いますが、一応ご紹介させていただくと

  • アバターはサイヤ人女アバターのバーサーカータイプ
  • アプリは2R目を想定(固定戦闘力無効や戦闘力~%ダウンや戦闘力制限アプリを使って先攻を取るために全力を注ぎます。)
  • フィンと魔神プティンとゴワスで12Rの先攻を取りやすくして、2R目までに勝負を決める
  • グレートサイヤマン3号は相手もゴワスを使ってきたとしても2Rで先攻を取るために採用

となっております。

上記で使っていたカードに関してはこちら↓

  1. グレートサイヤマン3号の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM8-68 グレートサイヤマン3号の使い方とデッキレシピ
  2. フィンの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM8-47 フィンの使い方と個人的評価
  3. 魔神プティンの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM8-45 魔神プティンの使い方と個人的評価
  4. ゴワスの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]GDM10-46 ゴワスの使い方と個人的評価

UM6弾UR孫悟空BRをご紹介させていただきました。

最近では「自身のダメージ倍増効果を無効」にする術が昔に比べて増えた印象ですが「パワー増加・自分チームのダメージ倍増効果無効」というアビリティの組み合わせは唯一性があり、現在でも十分に使える性能は持っているかと思いますので、興味のある方はお試しください!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
フォローはこちら