[SDBHカード性能解説]UM5-SEC 孫悟空の使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


  • 自分の攻撃CIに勝った時に自分のエナジーが相手より3つ以上多ければ固定ダメージ5000を与える [毎回]
  • 究極龍拳ではその攻撃からパワーとガードを5000上昇させる

このカードの特徴


残念ながらSECとしてのカード性能を持っているとは言えないカードではありますが、イラストが非常にカッコいいカードです!

性能面的には、自分が相手よりエナジーが3個以上多いという状態を作り出すのがバトスタなどの対人戦では非常に難しく、

今まではエナジーダウン系のカードを編成すればアビリティを発動することができなくはなかったですが、好機系のタイミングでエナジーを増やしてしまうベジータBRの登場でよりアビリティの発動が困難になったなと感じます。

(自分チームにベジータBRを入れても相手に同じベジータBRがいるとエナジー個数に差ができにくいため発動は難しいと言えるでしょう)

この厳しい条件に加えてCIにも勝たなければいけず、勝ったとしても5000の固定ダメージしか得られないため対人戦での活躍は難しいと思います。

一応相性の良いカードとしては、同じHRタイプでCIに勝つと5000の固定ダメージを与えることのできるフリーザアバターHRタイプやエナジーを奪うことでエナジー個数に差をつけられる「荒野の大悪党」のヤムチャなどが挙げられるかと思います。

(ここからはイラストに対する個人的な感想となりますので興味のない方はスルーしてください。)

ここまで使いにくいだの言ってきましたが、個人的にはいくつも種類のある身勝手の極意のカードの中でも群を抜いてカッコいいと思っています!

管理人はあまりイラストを書いている方について詳しく無いので申し訳ないですが、このカードの他にも下記のゴジータUMなんかのイラストも手掛けていらっしゃるらしいです!(間違っていたらすいません。)

過去にもイラストや希少価値からレートがとてつもなく上がったカードもあることから、性能面ではなくイラスト的な意味で今後評価されるかもしれないカードかなと思います!

デッキ紹介&まとめ


そんな孫悟空を使ったデッキがこちらです!

孫悟空以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • フリーザアバターHRタイプ→孫悟空のアビリティと合わせて合計1万の固定ダメージを与えられるため採用。

 

  • ヤムチャ→先ほどもご紹介した「荒野の大悪党」のアビリティによって相手のエナジーを下げるだけでなく、こちらのエナジーを上げることができエナジー個数の差を必要とされるこの悟空とは相性が良いため採用。

  • 天津飯→本デッキに編成しているヤムチャとクリリンをユニットメンバーとして「復活ユニット」を発動できるため採用。

  • クリリン→天津飯のユニットメンバーであると同時に「差し伸べる仙豆」で相手にゴワスがいた時の対策となるため採用。ゴワスの対策として使用する場合には、先攻を取らなければアビリティが発動順の都合上で「発動しない」という点にはご注意ください。

  • フィン→1Rから孫悟空の固定ダメージ発動条件達成を可能とするためにために採用。1Rの先攻を取りやすくしてくれるので間接的に「差し伸べる仙豆」の発動もサポートしてくれます。

  • タンバリン→防御面に不安が多数存在しているため、アビリティのパワーダウンによって少しでも不安要素を補える汎用枠として活躍できるこのカードを採用。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら