[SDBHカード性能解説]UM4-46 トランクス:未来の使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


  • 作戦決定のボタンを押した後にアタッカーが自分のみなら、そのラウンドでの受けるダメージが8割減り(ダメージ軽減効果の上昇)自分チームのヒーローエナジーを1つ上昇
  • ユニットではエナジー10個で孫悟空・ベジータをそれぞれ超サイヤ人をユニットメンバーとして超ユニット技を発動可能(超ユニット技であるためユニットメンバーはユニット発動時にどちらも超サイヤ人の状態でないと発動不可)

このカードの特徴


一人でアタッカーにするという条件で1度だけではありますが最上位のダメージ軽減効果を獲得することができるカードです。

似たような単体の軽減効果持ちとしては、「絶対防御」の孫悟空などが挙げられますが

このカードはヒーロータイプであるためバーサーカータイプの悟空と比べ気絶をしにくく1Rだけではありますがかなりの防御性能を発揮してくれます。

また、トランクス:未来というカード名を活かして悟空・ベジータとのユニットメンバーにも使うことができます

デッキ紹介


そんなトランクス:未来を使ったデッキがこちらです!

トランクス未来の軽減効果を活用しつつ暗黒魔神のアビリティを使って一気にHPを削る構成にしてみました!

トランクス:未来以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • 暗黒魔神アバターバーサーカータイプ→ロベル&ヒットのロックオンで一気にダメージを与えるために、ガードが低い相手に攻撃できるようになるこのアバターを採用。

 

  • ベジータ→このデッキがはトランクス未来のアビリティくらいしか防御系のアビリティがないため「獄炎のゴッドメテオ」を持つこのカードを採用。

  • 孫悟空→トランクス未来とベジータをユニットメンバーとして「復活ユニット」を発動できるため採用。「仲間への指南」によってヒットにリンクをあてるとエナジーをいくつか稼げたりするのも魅力的です!

  • ヤムチャ→本デッキの気力回復&孫悟空のユニット発動に必要なエナジー確保のために採用。妨害が無ければトランクス未来を1人出しにして、2Rで復活ユニットを発動することができます!

  • ロベル→ロックオン効果は暗黒魔神アバターのアビリティと合わせて使用すると、ガード1になった相手に集中攻撃をできるため有効なダメージ源となってくれます。ドミグラは編成されていませんが、多少のパワーアップも可能な1枚です!(UM2ゴールデンクウラは固定戦闘力も持っていたりするので、このカードと入れ替えてもいいかもしれません)

  • ヒット→ロベルのガード1ロックオンではダメージが足らないことが多いため採用。普段1キルデッキにしか採用されないヒットさんですが、本デッキではいい活躍をしてくれます。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら