[SDBHカード性能解説]UM4-66 魔人オゾットの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


各ラウンド開始時にそのラウンド中の自分と相手の戦闘力を30%ダウンする

また、相手がユニット・ユニットS(エナジーを消費しないユニット)を発動すると次のラウンドからユニットの発動を禁止する

ドローでは攻撃相手の気力消費による戦闘力上昇を永続で100にする(何メモリ消費しても100)

このカードの特徴


ユニット発動を封印&各ラウンドでの戦闘力ダウンという珍しいアビリティを2つも持っているカードです!

ユニット発動を封じる方の効果では

最近流行っている、UM12弾の界王神・キビトなどを使った「堅実な戦法」というユニット発動でアドバンテージを稼ぐデッキの対策として有効であり

以前ご紹介をしたこちらのデッキを例に挙げてみると、

このデッキは

  • 1R エナジーガードユニット
  • 2R 復活ユニット
  • 3R 界王神のご加護ユニット

を発動して発動後に界王神のアビリティである「堅実な戦法」で気力を2メモリ回復する予定なのに対して、

オゾットがいる状態であればどれか一つしか発動を出来ないため、相手のデッキの動きそのものを破壊することが可能となります

その他にも戦闘力ダウンのアビリティを有しておりダウン量も30%と両チームに影響を及ぼすためか、UM4の超フューよりも高く数値が設定されております。

このアビリティは自分も影響を受けてしまうため注意が必要ですが、固定戦闘力でエナジーや戦闘力を確保するなどの対策をすればそこまで大きな影響は受けないかと思います。

地味にドローの追加効果で戦闘力上昇もダウンさせることができるので、より相手の戦闘力を妨害することが可能な1枚です!

デッキ紹介&まとめ


そんな魔人オゾットを使ったデッキがこちらです!

オゾット以外の採用理由を簡単にご紹介すると、

  • 界王神バーサーカー→バトル開始時に固定戦闘力をチーム全員に500付与することができ、オゾットで戦闘力を落としても安定して戦闘力を確保できるため採用

 

  • ゴジータゼノ→チームの固定戦闘力枠&火力枠となってくれます。激闘の絆の効果アップは期待できないかもしれませんがパワーと固定戦闘力だけでも十分強力であるため採用

  • トランクスゼノ→固定戦闘力で先攻を取りやすいと考えたためガードを1にできるこのカードを採用

  • 魔神プティン→自分は固定戦闘力で戦闘力数を稼ぎたいが相手に固定戦闘力を稼がれると先攻を取りにくくなるため採用

  • 暗黒王メチカブラ→戦闘力は稼がせないようにしているので自身のアビリティと合わせてかなりのエナジー妨害が可能。ガード1から超エナジーを浴びせることができれば「軽減効果無効&1.5倍のダメージ」により想像以上のダメージが出ます。

  • グレートサイヤマン3号→気力を回復する術がなかったため採用しました。固定戦闘力も付与してくれるためデッキの安定に努めてくれます。

まとめると魔人オゾットは相手のユニット発動回数を制限をしたり、自分も影響を受けてしまいますが条件がない毎ラウンド発動可能な戦闘力妨害系アビリティでは3割という破格の妨害力を持ったカードです。

癖が強く使いにくいと思われる方がほとんどかと思いますが、興味があればお試しください

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら