[SDBHカード性能解説]UM3-SEC ベジットの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


自分の攻撃時に相手よりエナジーが少ないとその差✖️1000のダメージをCI勝利時に与える [毎回]

究極龍拳では究極龍拳で与えるダメージを1.5倍にして攻撃をする

このカードの特徴


このカードはエナジーを必要としないタイプのデッキにはCIに勝つだけでかなりの固定ダメージを与えられるため火力源として非常に相性が良いです!

究極龍拳は超ゴッドクラスアップしたアバターが皆保有している追撃であるため、被ってしまうという点ではマイナス評価ではありますが

究極龍拳のダメージ1.5倍にしてくれるため場合によってはアバターの龍拳よりもダメージを出すことができるためダメ押しの一撃としては非常に効果的でしょう

デッキ紹介&まとめ


そんなベジットを使ったデッキがこちらです!

ベジット以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • フリーザアバターHRタイプ→ベジットのアビリティと似たアビリティを持っておりCIに勝つと固定ダメージ5000を与えられ、連携アタックでのまとまったダメージを期待して採用

 

  • ヘレス→ベジットのアビリティの都合上、エナジーを少なく保つ必要があるためエナジーを少なくすることで相手アタッカーの気力を空にできるこのカードを採用

  • メタルクウラ→エナジーが貯まってきてしまうとベジットの固定ダメージを期待できなくなってしまうため自分のエナジーを下げることができ、下げた分の火力補強もしてくれるこのカードを採用

  • ゴジータUM→このデッキは基本的に戦闘力を出すことがないため発動条件を無視して防御枠として使用できます。メタルクウラの高倍率のゴッド玉を決める時もゴッド玉のレベルを下げられることがないというのも魅力的です!

  • トランクスゼノ→特にパワーを上げるカードもないので気力回復・被ダメージ軽減・キーソードによる妨害の三役を担ってくれるこのカードを採用

  • 時の界王神→ベジットの攻撃CIには絶対に勝ちたいので相手CIとミラクル発生を妨害してくれるこのカードを採用(復活無効も乱戦アプリや悟飯青年期・界王神系のデッキに刺さります!)

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら