[SDBHカード性能解説]UM12-24 マイティマスクの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「友情バリア」

  • 仲間にリンクをつけると発動。
  • そのラウンド中だけリンク先の仲間キャラが気力ダメージを受けなくなる。

「戦闘力制限ユニット」

  • ユニットメンバー→「孫悟空・ベジータ(状態無視)」
  • ラウンドの初めに指定されたユニットメンバーが気絶していなければ、自分チームのエナジーを4個消費することで、「そのラウンドのみ相手の戦闘力が2000以上あがらなくなる」ユニットを発動可能。
  • [1回だけ発動可能]

⇒クイックボーナスはこの2000という数値に含まれていないため、確定で先攻を取るには2500以上の戦闘力が必要

使用状況


BM3弾SEC孫悟空・BM2弾SECベジータをユニットメンバーとした固定ダメージ主力のデッキでの採用をかなりの頻度で見かけます。

個人的評価


「孫悟空・ベジータ」というドラゴンボールヒーローズで恐らく一番カード化されている

カード名の中から対人戦で非常に汎用性が高く、評価も高い「戦闘力制限ユニット」を発動できる希少なカードです。

このカード自体は、ユニット以外特出したアビリティを持っているわけではありませんので、これ以上の説明は不要かと思いますが

これからもドラゴンボールヒーローズが続く限りは「孫悟空・ベジータ」と言うカード名のカード自体は増え続けることが予想されるため

今後も他のカードの登場によって間接的な強化を獲得する可能性を秘めたUM12弾のコモンの中では是非とも確保しておきたい1枚です。

アビリティの「友情バリア」は、ユニットメンバーが発動前に気絶してしまい、次ラウンドでユニット発動をすることができないという事象を未然に防ぐための手段として有効。

(クライマックスベジータにリンクをつけているシーンを見かけて方も多いはず!)

まとめ


今回はBM12弾コモンのマイティマスクについてご紹介させていただきました。

「孫悟空・ベジータ」をユニットメンバーとしつつ「戦闘力制限ユニット」を発動できる希少性&「友情バリア」によってユニットメンバーの気絶を未然に防ぐことができる優秀なコモンカードです。

お店のストレージを探せば三十円以下で十分に見つけられるカードかと思いますので、ぜひ1枚は入手しておきましょう!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら