[SDBHカード性能解説]UM12-64 フューの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


サポーターにした戦闘力バトル終了時にパワーが高い敵アタッカー上位3人のパワー値とガード値を入れ替えてその3人のCIスピードを永続で超速くする

ラウンド終了時に入れ替えた相手キャラのパワー値・ガード値を再び入れ替える[1回限り]

超スラッシュでは攻撃相手の与えるダメージ(ダメージ倍増効果)を永続で半分にする

ダメージ倍増効果についてはこちら

このカードの特徴


アビリティが1度しか発動できなかったり発動したとしても対人戦的には向いていないアビリティであるため残念ながらUM12弾のUR以上の中では一番のハズレかなと個人的には思います

また、配列表をお持ちの方はご存じかと思いますが、UM12弾の配列にはベジータ:BRとこちらのフューのランダム配列が存在し

ベジータ:BRと比べてしまうとフューを排出した時は少しショックです(笑)

このカードと相性の良いカードとしてはUM12弾のゴジータ:BRなんかと相性が良さそうです

このゴジータはガードが7000以上の相手に攻撃をすれば通常の5倍のダメージを与えることができますが発動条件が厳しいためそこをこちらのフューを使って自発的に発動をさせようというコンボです

ただこのままではいくら倍率が高くてもガードの影響で大ダメージとはならないためそこはこちらのトワを使うなどの工夫が必要です

他におすすめの組み合わせとしてはこちらトランクス:ゼノを挙げさせていただきます

「異次元からの使者」で相手チーム全員のガードを1にして、フューのアビリティでパワーの高い相手のパワーを入れ替えれば相手の主要アタッカーのパワーを戦闘バトル終了時という対策のされにくいタイミングで1にすることができそのラウンドでの受けるダメージを大幅に減らすことが可能となります

デメリットとしてパワーが高い相手のパワーがガードに回ってしまうためそこは暗黒魔神アバターのアビリティでガードの低い敵のみに攻撃をしたり超一星龍:ゼノなどのガードを無効にするキャラクターなどでカバーしてあげると良いでしょう!

使うデッキによっては相手のガードが高すぎて全くダメージを与えることができない等のデメリットでしかないアビリティとなってしまうため採用の際にはかなりの注意が必要です!

まとめ&デッキ紹介


そんなフューを使ったデッキがこちらです

先ほどご紹介をしたゴジータ:UMとのコンビを使って一撃で相手のHPを削り切る構成にしてみました

ネタデッキの領域は出られませんが決めれば面白いかもしれません

興味があればお試しください!

デッキの編成理由についてご質問がございましたらお問い合わせのフォームかツイッターでご連絡いただければご返答させていただきますのでお気軽にお問い合わせください

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら