[SDBHカード性能解説]UM11-67 シーラスの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


アタッカーにした作戦決定のボタンを押した後に、敵チームのアタッカーのパワー合計が自分チームのアタッカーのパワー合計より高い時、そのラウンドのみ相手の受けるダメージを1.3倍にする。

(自分チームのアタッカーに召喚アプリかVCカード(バーチャルカード)がいると1.3倍から2.5倍に変更)

究極バーストでは相手のエナジーを1つ破壊し、攻撃相手に超強力な気力ダメージを与える

このカードの特徴


アビリティはUM3のベジータゼノUM12のトランクスゼノと同じく、相手のアタッカーのパワー合計が自分チームのアタッカーのパワー合計を超えていなければ発動してくれないため

自分チームのパワー値を上げてしまうロベルUM11の悟空BRと一緒に編成をすることは難しいですが、

パワー値を上げられない分は自分のアビリティで相手により多くのダメージを与えることでダメージ源を確保することができます。

特に「召喚アプリ」が自分チームのアタッカーにいる時の2.5という数値は非常に強力で、相手のダメージ軽減効果を下げる系のカードは相手からすると対策をする方法が少なく、

トランクス:ゼノ召喚アプリ画像

2.5という数値まで一撃で相手のダメージ軽減効果を下げることが可能なカードは2020年1月現在だとこのカードだけです!

対人戦で「召喚アプリ」を出せるのはアプリラウンドのどれか1Rだけであるため、2.5倍を発動できるのは1度だけですが、タイミングを考えれば相手のHPを一気に削り切れるカードです!

また、このカードは対人戦以外のミッションモードでカードが6枚しかスキャンできない代わりに登場する「VCカード」に対しても発動してくれるので、

バトル中は永続で相手の受けるダメージを2.5倍にすることが可能であり、ミッション攻略にも役立つカードです!

デッキ紹介&まとめ


そんなシーラスを使ったデッキがこちらです!

シーラス以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • アバター暗黒魔神BSタイプ→トランクスゼノのキーソードロックによってガードが1になるキャラクターが1人でき、その相手に総攻撃をかけるために採用。シーラスのアビリティで軽減効果が下がっているため想像以上にダメージを稼げます。

 

  • ヤムチャ→シーラスと同じくダメージ軽減効果を下げるバトルカプセルを保有しているため採用。HP上昇のアビリティでチームのHPタンクにもなってくれます。

  • ベジータゼノ→シーラスと同じ発動条件であるため苦労することなく、チームの防御力を上げてくれるため採用。

  • トランクスゼノ→暗黒魔神アバターのロックオンの的を作れたり、ベジータゼノ・シーラスと同じ条件で気力回復と被ダメージ抑制ができると考えて採用。

  • 悟空ゼノ→ベジータゼノとトランクスゼノを採用したので戦闘力制限ユニットも発動する選択肢ができると考えてこのカードを採用。

  • ゴジータBR→トランクスゼノで作った的をサポータに下げられてしまったり、ガードを下げた後に人造人間8号などでガードを上げられてしまった時に全く対応ができないと感じたため高ガード対策としてこのカードを採用。

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら