[SDBHカード性能解説]UM10-45 時の界王神の使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

性能紹介


「操作された運命」

  • 「サポーターにした戦闘力バトル終了時のタイミング」で相手チーム全員のミラクルパーフェクトを封印&CI速度を超速くする
  • 自分チームが先攻を取ると「復活チャンス」の発動も封印
  • [そのラウンドのみ有効な効果] [サポータにすれば毎回発動可能]

「破滅のドロー」

  • 2R目以降にアタッカーにすると自分チームのCIによる攻撃終了後に「ドローモード」に突入して発動すると、相手のHPを1000奪い自分のHPを1000回復。HPを奪った後にさらに相手にダメージを与えて「相手チームのエナジーを3つ破壊」

ドローの効果によるHPを奪うというものは、他の「奪う系効果」とは違って相手のHPが底をついてもHPを奪うことができます。

現在の使用状況


BM2弾の使用状況

全弾同様にビルス・ブルマBRを使った1キルデッキやその他ユニットメンバーとしての採用・CIに対する妨害等幅広く採用されていた印象です。

BM1弾の使用状況

  • 下記の「ビルス・ブルマBR」を使ったデッキのCI勝率を高めるために採用
  • 下記の「孫悟飯ゼノ」のユニットメンバーとして採用
  • シンプルに妨害枠として採用

等、幅広いデッキでの採用が目に付きます。現在の使用頻度は非常に高いと言えるかと思います。

ビルスの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BM1-SEC ビルスの使い方とデッキレシピ

孫悟飯ゼノの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BMPS-09 孫悟飯:ゼノの使い方とデッキレシピ

アビリティ・CAAに関して


サポーターにするだけで、他のカードでは絶対に代用が効かないような多種多様な妨害を可能にしてくれるカードです!

一部条件付きのものもありますが、このカードの保有している「復活封印・ミラクル封印・CI速度の速度UP」

このカードが登場するまで

  • 復活チャンスの封印はSH7のマルカリータ
  • ミラクルパーフェクトの封印はUM4弾のフュー
  • CI速度の上昇はGDM6のシャンパ

がそれぞれ可能ではありましたが、このカードはサポーターにしただけでそれら全ての効果を発動することが可能です。

(マルカリータ・フューはバトル開始時から発動可能で優秀なCAA・TAA持ち、シャンパはCI速度の増加が永続で優秀すぎるユニメンでの超ユニを保有しているため一概に下位互換と言い切れませんが・・・)

特に、CI速度UPに加えてミラクルパーフェクトまで封印してしまうというのは、相手の方のCI精度によっては、このカードがいるだけでCIに1度も勝てないとなるほどの破壊力を秘めた恐ろしい効果かと思います。

ドローの追加効果である「エナジー3ダウン」もエナジー妨害の個数としてはかなり多く設定されているため、アビリティの都合上アタッカーにすることはほとんど無いかとは思いますが、おまけ効果としては強力な効果を持っているかと思います。

相性の良いカード


暗黒王メチカブラ×2

「時の界王神のCI速度増加」だけでは相手キャラにとってはCI速度が最速にならないため、アタッカーにするだけでCI速度を増加させることができたり、サポーターを作ってしまうという点をSECメチカブラのアビリティのエナジー破壊に利用できるため相性が良いかと思います。

さらに追加で同時にSECメチカブラと相性の良い、URメチカブラも一緒に編成すれば「時の界王神」の復活封印・ミラクル封印・CI速度の速度UPに加えてエナジー破壊・必殺技発動封印といった妨害をかけることができるかと思います。

パンゼノ

攻撃CIに勝利すると固定ダメージを与えられるカードです。

「時の界王神」のアビリティで相手のCI速度を速めたり、ミラクルパーフェクトの発生を封印したりして、アビリティ発動の確率を高めることが可能です。

さらに、相手のCI速度が自分より早ければ与えられる固定ダメージの値も5000まで増加しますので、カード1枚で与えられる固定ダメージ値としては最高クラスの値まで容易に成長させることができます。

ユニットメンバーとしての採用も可能ですので、非常に相性は良いかと思います。

デッキ紹介&まとめ


そんな「時の界王神」を使ったデッキがこちらです

固定ダメージを主体に攻めつつ、妨害枠を複数積むことで防御面も高い性能を誇るデッキです!

各カードの採用理由を簡単にご紹介すると

(時の界王神と暗黒王メチカブラ2枚に関しては上記の相性が良いという理由からの採用であるため省略させていただきます。)

  • フリーザアバターHRタイプ→CIに勝てば各ラウンドで5000の固定ダメージを与えられるアビリティを持っており、「時の界王神」との相性はバッチリです。

 

  • ベジータ王ゼノ・タンバリン→メチカブラ・時の界王神で大抵の妨害はできているかと思いますが、さらにパワー妨害を追加したら面白そうだと考えたため、おまけで倍増効果も消せるベジータ王ゼノ・タンバリンのコンビを採用。なんだかんだ言ってパワー妨害に対する完全な対策カードはアビリティの弱体化(下方修正)によって姿を消しているので現在の環境でも通用するかと思います。

ベジータ王ゼノの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM10-47 ベジータ王ゼノの使い方とデッキレシピ

タンバリンの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]GDM4-18 タンバリンの使い方と個人的評価

アビリティの下方修正はこちら→[環境を大きく変える?]SDBHカードのアビリティ修正について考察&解説

  • 魔神ドミグラ→チームの気力回復枠・火力源が少ないこのデッキではゴッドメテオでの固定ダメージがありがたい存在であるため採用。

魔神ドミグラの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]HGD10-SEC 魔神ドミグラの使い方とデッキレシピ

今回はUM10弾UR「時の界王神」に関してご紹介させていただきました。

HGD6弾でシャンパが登場して以来の「超妨害特化」カードというのが伝わったかと思います。

CIに自信のない方やCIに勝つ必要があるデッキにとってはありがたい存在かと思いますのでぜひお試しください!

また、記事内ではほとんどご紹介しませんでしたが、今回ご紹介した「時の界王神」は姿や見た目が普段と違いますが、通常通りゼノ戦士系のユニットのメンバーとして採用可能です。

そういった面でもぜひ採用をご検討ください!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
フォローはこちら