[SDBHカード性能解説]UM10-SEC 孫悟空の使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


  • 戦闘力バトル終了時に自分のパワーとガードを永続で2倍にして気力を2メモリ回復&自分のエナジーが10個ならそのラウンド中2回攻撃をする [毎回]
  • 究極龍拳では龍拳のダメージからパワーを永続で8000上昇&自分のエナジーを2つ上昇

このカードの特徴


各ラウンドでどんどんパワーとガードを上げていき、攻撃力・防御力を増加させつつ気力まで回復できるため絶えずアタッカーにすることが可能なカードです

毎ラウンドで上昇するステータスの中でもガード値を上げることができるのは特に注目すべき点であり

このアビリティが2回発動する2R目以降はかなりの高ガードで相手の攻撃を受ける壁役として活躍することができます

発動条件が難しいためデッキ構成を工夫する必要はありますがエナジーを10個貯めることができれば2回攻撃を自分のアビリティで上昇したパワー載せた状態で攻撃することができ

ベジットゼノやゴジータゼノなどのアビリティとは違い1人で攻撃する必要もないため単純に攻撃回数を増やすことができます

これによって魔人アバターのアビリティと合わせて固定ダメージを7000から8000にアップしたりするという使い方も可能となります

究極龍拳によるエナジーの上昇もユニットに使えたりと非常強力であり、究極龍拳で上昇するパワー8000次のラウンド以降でも倍化を続けるため

アプリのボーナス次第では3R10万近いパワーを発揮することも可能です!(そんなにパワーを上げてもパワー5万の時とそれほどダメージ差はないような気もしますが笑)

デッキ紹介


そんな孫悟空を使ったデッキがこちらです!

とにかく孫悟空の2回攻撃を発動することを最優先にしたデッキ構成にしてみました

以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • 魔人エリート→ベジットのエナジーガードユニットによってエナジーを貯めやすいデッキ構成となっているため採用。

 

  • ベジットゼノ→「エナジーガードユニット」を発動可能であり、エナジー10個までの手助けをしてくれたり悟空をダブルのパートナーにすることでガードを無視して攻撃をすることが可能となるため悟空のパワーを活かして最大限のダメージを狙うことが可能となります!

  • トランクスゼノ→UM12弾の暗黒王メチカブラの対策としてキーソードロックを編成しました。UM12弾のURのトランクスゼノでもいいかなとは思いましたが、孫悟空が1人でパワーを上げすぎてしまうため相性が悪いと考え、今回はどんな方にも使いやすいタイムパトロール持ちのトランクス  ゼノを採用しました

  • 時の界王神→このデッキには防御系のカードが少ないためベジットゼノのユニットメンバーとしてこのカードを採用

  • ゴワス→流石に妨害系カードが編成されていなさすぎると感じたため、現環境でも現役のこのカードを採用。特に理由もないのでお好きにカスタマイズしてみてください!

  • ヤムチャ→ベジットゼノのユニットによってエナジー破壊を恐れる必要がないため、悟空のアビリティ発動に必要なエナジー10個の達成をサポートしてくれるこのカードを採用

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら