[SDBHカード性能解説]UM10-SEC5 ゴジータゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

性能紹介


「逆境に燃える合体戦士」

  • 「ラウンド終了時のタイミング」で、自分がアタッカー・サポータのどちらでも、そのラウンドで受けたダメージが多ければ多い程、自分のパワーと自分チームのヒーローエナジー個数が増加する。
  • [毎回発動可能]

増加するエナジー個数とパワー値は「パワーが10000・エナジーが3個」というのが最大となります。

どれくらいで最大効果が発動するか・どれくらいの数値が分かれ目になっているかに関しては未検証です。

(アップデート等で変更されていたらすいません。)

「無敵のフリーズアタック」

  • 2R以降にアタッカーにしていると相手のCIによる攻撃中に「フリーズモード」に突入し、相手の攻撃をキャンセルして、ダメージを与えられる。さらに攻撃を止めた相手の「パワーとガードが永続で半減する」

注意点↓

フリーズによる攻撃では、与えたダメージが相手の残りHPよりも大きかったとしても相手のHPは「1」残ります。

フリーズは、発動キャラクターが発動可能ラウンド以降にアタッカーにいれば、途中で気絶をしない限りはそのラウンド中に発動できますが、フリーズでどの相手キャラクターの攻撃をキャンセルするかは完全にランダムとなります。

フリーズは、自分チームで1枚・1回のみ発動可能で、フリーズ持ちを複数人アタッカーにしていた場合には「フリーズ発動後」に好きなキャラクターのフリーズアタックを発動可能。

個人的評価


UM10弾の短い期間で「ヒーローライセンスを使ってゲームをする(カードを買うも含む)」と下記のベジットゼノと共に、低確率で当選する可能性があった限定SECカードです。

ベジットゼノの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM10-SEC4 ベジットゼノの使い方と個人的評価

アビリティによる「ラウンド終了時」でのエナジー増加は、ラウンド終了時というタイミングを活かして、相手に妨害されること無く次ラウンドのユニット発動等に活用するのには向いているかと思いますが

  1. 「ゴジータゼノ」というカード名自身がユニットメンバーとして採用することができない。(下記の「ゴジータゼノ」をはじめとして「ゴジータゼノ」というカード名には強すぎるカードが多いですので、ゲームのバランス的にも今後追加されることはない?)
  2. 相手依存で増加値が変動するため、自分自身が欲しい個数まで届かない可能性がある。
  3. このカードを使ってラウンド終了時のエナジー増加を狙うくらいなら代用品が他にある。

という点で実戦で使えることはほとんどないかと思います。

フリーズ効果に関しても、下記の「SH5弾SECゴジータゼノ」と同効果であり、特別使えるわけではないかと思います。

まとめ


今回は、UM10弾限定SECゴジータゼノに関してご紹介させていただきました。

配布枚数の都合上、同タイミングで配布されていた「ベジットゼノ」より高レートとなっておりますが、少しは使い道があったベジットと比較してゴジータの方は完全に「コレクション用」と言える存在かと思います。

短いですが、実戦面で解説できることが少ないため今回はこれで失礼します。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら