[SDBHカード性能解説]HUM4-22 的確ヤムチャの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「的確なアシスト」

「作戦決定のボタンを押した後のタイミング」で自分がアタッカー・サポーターのどちらにいても

  • 自分チームのアタッカー全員の気力を1メモリ回復
  • 自分チームのサポーターの人数分だけ自分チームのヒーローエナジーが増加

します。[毎回発動]

上記のアビリティは発動時点で「アビリティの発動封印」・「自身が気絶状態」でない限りは確実に発動します。

「勝利宣言」

  • 「作戦決定時」に発動する両チームのアビリティ全解決後に自分が必殺技を発動できる状況であれば、狙った相手に1度だけ攻撃することができ、攻撃相手の「ガードとダメージ軽減効果をこの攻撃でのみ無効にしてダメージを与える」

現在の使用状況


BM3弾

色々なタイプのデッキで気力回復&エナジー確保が求められている影響で本カードの採用率は高かった印象です。

BM1弾

下記の孫悟空・フィンといった「アビリティによるエナジー増加を封印する」ようなカードの使用頻度が非常に高かったため、アビリティの「エナジー増加」を活かしにくく、使用頻度は「少し低かったかな」という印象です。

アビリティに関して


アビリティの「的確なアシスト」は「ドラゴンボールヒーローズ時代」の終盤で登場して以来

ドラゴンボールヒーローズの対人戦において絶対に忘れてはいけない気力回復&エナジー増加の枠を1枚で担ってくれる超汎用アビリティです。

このアビリティに関しては、大抵の方がご存知のことかと思いますので、今回は「ドラゴンボールヒーローズの対人戦」において「気力回復とエナジー個数の増加」がどれだけ大切なのかをご紹介させていただきます。

まず「気力回復」ミッションモードの場合相手の「別次元のプレッシャー」等のアビリティによって各ラウンド毎に消されてしまうため、あまり役には立たないかもしれませんが

「対人戦」の場合は、気力妨害自体は存在するものの

  • 毎回全ての気力が消されるわけではない
  • 常にアタッカーを増やす必要がある
  • 気絶することで受けるデメリットが大きい

といった点から大体のデッキに「気力回復枠」が1枚〜2枚程編成されております。

特に「気絶」に関しては「攻撃ができない」というだけでなく「次に受けた攻撃での受けるダメージが2倍&CIを押せない」といった弊害まで起こしてしまうので、対人戦での気力管理は非常に重要です。

次に「エナジー個数の増加」「ユニット・必殺技発動・アビリティの強化条件」といった点で対人戦では一部のカードを除いて個数が多い程、行動できる選択肢が増えていきます。

下記のカードは、エナジーが少ないことでアビリティが発動できるカードの一例です。

ヘレスの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]SH5-60 ヘレスの使い方とデッキレシピ

そんな対人戦で重要な要素を占めている「ヒーローエナジー」をヤムチャはサポーターの人数分だけ稼ぐことができます。

ドラゴンボールヒーローズは基本的に7人で1チームですので、一人アタッカーにすることを考えると最大で6個までのエナジー個数増加が見込めます。

この「6個」という個数は、カード1枚のみのアビリティで自発的に稼げる個数としては、最高クラスの数値であり、現代の環境でも使われ続ける原動力となっているかと思います。

相性の良いカード


アビリティが「エナジー増加&気力回復」という内容であるため、ほとんどのカードと相性が良いと言えるかと思いますが

特に「魔人アバター」系の「エナジー7個以上」で発動できるアビリティに関してはアバターのスキャン順は何番目にスキャンしても「一番初めにスキャンした扱いになる」という仕様上

どうしても下記の「暗黒仮面王やベジータBR」といった「魔人アバター」と同タイミングである「戦闘力バトル終了時に発動するエナジー増加系カードとは組ませにくい」といった欠点を

今回のヤムチャは「作戦決定時に発動する」ということで「増やしたエナジーをそのラウンド中のアビリティ発動に使用できる」という点で非常に相性が良いです。

暗黒仮面王の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]SH4-SEC2 暗黒仮面王の使い方とデッキレシピ

ベジータBRの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM12-66 ベジータ:BRの使い方をご紹介

対策カードと弱点


フィン・悟空・ベジット

現在の使用状況をご紹介する欄で少しだけ登場しましたが、ヤムチャのようにアビリティによってエナジーを増やすカードは、上記の3枚に対してとてつもなく相性が悪いです。

奇襲の一手

ヤムチャは、サポーターの人数分だけ自分チームのヒーローエナジーを増やすことができるので「ラウンド終了時に相手のサポーターの人数分だけ相手のヒーローエナジーを奪う」ことができる、このアビリティとも相性が悪いです。

しかし、上記のエナジー増加封印アビリティと比較すると

  • 「増やしたラウンドはエナジーを使える」
  • 「ヤムチャ以外のカードに対して効果が薄い」

という点からあまり使用頻度は高くないですので、そこまでの脅威とはならないかと思います。

弱点に関して

また、ヤムチャは「暗黒仮面王・ゴジータBR」とは違いアビリティによるエナジー増加のタイミングが1テンポ速いです。

魔人アバターとの相性をご紹介する時は良い面ばかり記載させていただきましたが、1テンポ早いということは、相手のエナジー妨害の影響も広い範囲で受けることとなります。

ヤムチャを採用する時は、エナジーを早いタイミングで増やせることや気力回復枠をといったメリットを最大限に活用したデッキ構築をおすすめします。

まとめ


今回はアルティメットブースターパック(プロモ)収録のヤムチャに関してご紹介させていただきました。

アビリティによる

  • アタッカーの気力回復
  • エナジー個数の大幅増加

は他のカードでは代用の難しい、汎用性抜群の効果です。

このカードを持っているだけでもデッキ構築の幅はかなり広がるかと思いますので、ご興味のある方は是非お試しください!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら