[SDBHカード性能解説]UMP-84 孫悟飯:ゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


  • サポーターにすると、このラウンドでの自分チームの戦闘力が相手アタッカー1人につき、1000上昇
  • キーソードロックではロックCIに勝つと選択した相手キャラの次ラウンドでのアビリティ発動を封印でき、CIの勝敗に関わらず選択相手の気力をピンチにする

このカードの特徴


このカードは孫悟飯ゼノというカード名を活かして下記の「戦闘力制限ユニット」持ちのトランクスゼノ等をはじめとしたデッキのユニットメンバーとして採用されることが多いカードです。

アビリティの「逆襲の一手」では、多少相手依存の箇所はありますが、チームの戦闘力を上昇させることができたり、その戦闘力で獲得したヒーローエナジーをユニット発動に役立てることが可能です。

しかも、「逆襲の一手」はサポーターにすることで発動できるため、ユニットメンバーとしての使用が大半である、このカードにとっては「気絶」という要素を削ることにも繋がるため都合が良いです。

キーソードロックは存在するだけで相手のデッキ構成を狂わせることができるため強力ですし、気力超ダウンというのも「グレートサイヤマン3号」「孫悟空GT」のアビリティの発動条件を満たしてしまうのは少し残念ですが、

仲間の気力は回復できるが自分の気力は回復できない「グレートサイヤマン3号」に関してはCIに封印ができなかったとしても、このカードの気力ダウンによって、後々に気絶を狙うことができなくもないかと思いますのでターゲットしておすすめです。

デッキ紹介&まとめ


そんな孫悟飯ゼノを使ったデッキがこちらです!

孫悟飯ゼノ以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • 魔人エリート→ヤムチャや悟飯のアビリティでエナジーを貯めやすいため相性が良いと考えて採用。

 

  • ヤムチャ正直、このデッキには固定戦闘力系のカードが複数編成されているため、そこまでエナジー稼ぎを編成する必要はないかと思いましたが、気力回復にも使えることから念のため採用。

  • ゴジータゼノ→孫悟飯のアビリティ分と合計した固定戦闘力によるエナジー稼ぎだけでもかなりのエナジー稼ぎになり、「激闘の絆」による火力も期待できることから採用。

  • トランクスゼノ「守りの構え」による防御性能と悟飯ゼノを含めて「戦闘力制限ユニット」を発動できる点を評価して採用。

  • 孫悟空ゼノ→トランクスのユニットメンバーでありながら、自身も「戦闘力制限ユニット」を発動することができるため本デッキだと2回の「戦闘力制限」をかけることができます。

  • ベジータゼノ→孫悟空ゼノの戦闘力制限ユニットのメンバーであり、自身のアビリティで固定ダメージを狙えるため採用。

このカードは孫悟飯ゼノというカードが対人戦に適したカードが少ない、大会プロモのカード・バトスタでもチラチラと見かける存在であるため、2020年2月現在のフリマアプリでは箔ありは2000円前後で取引をされています。

プロモカードにしては高価な部類に属していますが、この手のプロモカードは通常のカードとは違い狙って入手することは困難かと思いますので、欲しいという方はシングルで購入されることをおすすめ致します。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら