[SDBHカード性能解説]UMP-83 ベジータの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


「守りの構え」

  • アタッカーにした、「相手チームのゴッドかめはめ波や時空転送といったCIよりさらに前の攻撃前のタイミング」でそのラウンド中に自分チーム全員が受けるダメージを半減。[1回限り]

(受けるダメージ半減はダメージ軽減効果上昇によるもの)

「進化を遂げたサイヤ人」

  • 3R目以降にアタッカーにすると両チームの攻撃前に「チェンジモード」に突入し、「SSGSS進化」状態にチェンジして、自分が受けるダメージが永続で半減&自分の与えるダメージが永続で1.5倍にします。大成功をするとチェンジしたキャラクターの気力が全回復します。

(チェンジ効果の受けるダメージ半減もダメージ軽減効果増加によるもの)

(チェンジは「チェンジモード中」に一度でもカードを擦った場合にはチェンジをしてしまいます。チェンジは状態を変化させてしまうため、DBH時代のユニットメンバーにチェンジ前の状態が指定されているとユニットの発動が出来なくなってしまいます。よく考えた上で発動を検討しましょう!)

(チェンジ持ちが複数同じチームに編成されていた場合には、発動可能ラウンドでアタッカーにすると1Rの間に全員まとめてチェンジすることが可能。大成功・成功の判定も共有します。)

このカードの特徴


大会プロモパックに収録されたカードであり「守りの構え」という対人戦で優秀なアビリティに加えて、3R以降に発動できるチェンジ効果に唯一性があるカードです。

3R以降であれば、チェンジによって「与ダメージ1.5倍&被ダメージ半減」と非常に強力な効果を発揮してくれます。

このカードはアビリティ&チェンジによって、2種類の手段で被ダメージを減らすことができるので、

  • 2回に分けることができる防御手段として利用する
  • 3R以降で初めてアタッカーにすることで、1R中に75%までのダメージ軽減効果を可能にする

といった選択肢が可能となります。

ただ下記の「ダメージ軽減効果の記事」で申し上げている通り、ダメージ軽減効果には

  • チーム全体に付与する効果
  • 対象者にのみ付与する効果

2種類があり、

チーム全体に付与する方はカードのテキストに書いてある通りの認識で間違えではありません。

しかし、対象のキャラクターのみに付与する方の効果は、ダメージ軽減効果を分散して計算しなければなりません。

具体的には、

  • 1人が自分だけ受けるダメージを半減させていて、2人の連携グループに属している時に攻撃をされると、と受けるダメージは半減ではなく(50➗2=)25%のダメージ軽減となります。

ダメージ軽減効果に関して知りたい方はこちら→[倍増効果・軽減効果?] SDBH カード用語をおすすめカード使って解説

デッキ紹介


そんなベジータを使ったデッキがこちらです!

ベジータ以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • 界王神エリートアバター→これといって相性の良いアバターがが思いつかなかったため、安定的に力を発揮してくれるこのアバターを採用。

 

  • マイティマスク→このカードの保有する戦闘力制限ユニットのメンバーにベジータを活用できるため採用。ダメージ軽減効果は上げられるが、バーサーカータイプで気絶しやすいという弱点も「友情バリア」でカバーしてあげましょう!

  • 孫悟空→1Rでの完全なエナジー増加封印が相手の攻撃手段を狭めてくれるため非常に強力なのはもちろんのこと、チェンジ前のベジータは「SSGSS」状態であるため合体相手としても利用することができます。相手に高ガードが多く編成されている時には「守りの構え」使用後に積極的に合体相手として利用していきましょう。

の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BM1-SEC 孫悟空の使い方と特徴

  • ベジット→孫悟空で1Rでのエナジー増加を封印・ベジットで2Rのエナジー増加を封印といった流れを作りたかったため採用。灼熱のゴッドメテオによるエナジー妨害もありますので、1R・2Rで相手のエナジーが大きくたまることはまずないでしょう。

の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]PUMS7-03 ベジットの使い方と特徴

  • 暗黒王メチカブラ→1・2Rのエナジー増加は封印できていますが、ブルマなどでエナジー個数を無視した必殺技の発動も十分に考えられるため「エナジーが必殺技発動コストに届いていない限り必殺技の発動を封印する」ことができるこのカードを採用。「ガード2000ダウン」もガード増加系のカードが相手に編成されていない限りは、2回分発動するだけで相手のガードが大抵は底をついて与えるダメージ増加を狙うことができます。

の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM12-SEC2 暗黒王メチカブラの使い方をご紹介

  • グレートサイヤマン3号→本デッキには気力を回復できるカードが編成されていないため、気絶を避けるようとしてこのカードを採用しました。(気力回復系のカードであれば何でもいいかと思います。)

の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM8-68 グレートサイヤマン3号の使い方とデッキレシピ

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら