[環境を大きく変える?]SDBHカードのアビリティ修正について考察&解説

今回は2020年2月の終わりに発表された「スーパードラゴンボールヒーローズのアビリティ内容修正」とそれによってどんな変化が起こるかを個人的な意見を交えてご紹介させていただきます。

本サイトでは、基本的にバトスタでの使用を想定した解説を中心とさせていただいておりますため、対人戦をプレイする上で重大な変化をもたらしそうなカードに絞って解説をさせていただきます。

管理人が対した変化がないと考えた修正に関してはスルーさせていただきますので、修正内容全体を確認したい方は公式サイトの方をご確認ください。

スポンサーリンク

ベジータBR


  • アビリティ→エナジーが破壊されていて、自分チームのアタッカーに孫悟空BRがいれば仲間アタッカー全員のパワー1万上昇&エナジー5個上昇

アビリティの発動タイミングが

  • 「戦闘力バトル終了時のアビリティ全解決後に発動」

から

  • 「戦闘力バトル終了時のタイミングで発動」

に変更となりました。

これによって自分が先攻を取るか・後攻を取るかで決定する「アビリティ発動順番」を気にする必要があり

例えば

  • 自分チームにベジータBR・孫悟空BR・メタルクウラ(メタルクウラ→ベジータBRの順でスキャンされていること前提)

が編成されている状態で、

自分チームが先攻を取れば、アビリティの発動順が相手→自分という順番になりますので、

  1. 相手のベジータ王ゼノで、パワーが12000以上のキャラのパワーが2000という固定値に変更
  2. タンバリンのパワーダウン効果解決
  3. 自分チームのベジータBRでエナジー5個上昇&仲間アタッカーのパワー1万上昇

という順序でアビリティが解決します。

このパターンであれば、自分チームのアタッカーのパワーがプラス値の状態を保つ可能性は十分にあります。

相手チームが先攻を取ればアビリティ発動順が自分→相手という順番となり

  1. ベジータBRのエナジー5個増加&仲間アタッカーのパワー1万上昇
  2. ベジータ王ゼノのアビリティでパワー12000以上の相手キャラのパワーを2000に変更
  3. タンバリンのアビリティでアタッカーのパワーダウン

という順番で解決されてしまいます。

このパターンですと、自分チームのパワー値が仮に10万あったとしても、ベジータ王ゼノのアビリティによって2000に書き換えられ、その後タンバリンのアビリティでパワーが落とされるため、ほぼ確実にパワーがマイナス値となってしまいます。

(一応、アプリボーナスを含んだパワー値が元から2000以下であれば、自分のベジータBRのアビリティでパワーを1万上げたとしても、12000にパワーが届かず、相手のベジータ王ゼノの効果を受けないということがありますが、対人戦でそういったことはほとんど起こりそうにないため今回は割愛させていただきました)

以上のことがパワーダウン系のカードだけでなく、「戦闘力バトル終了時」のタイミングでエナジーを破壊する「ダーブラゼノ・人造人間17号」等のカードに対しても言うことができます。

(エナジー破壊の順序に対しては、上記のベジータ王ゼノ・タンバリンの所をこれらのカードに読み替えてお読みいただければと思います。)

書き忘れておりましたが、このカードのアビリティを自発的に発動するには欠かせない存在である「メタルクウラ」のアビリティ発動タイミングも修正後のこのカードと同じ「戦闘力バトル終了時」となっておりますため

先攻・後攻を気にする必要はありませんが、スキャン順を「メタルクウラ→ベジータBR」とすることを忘れないようにしましょう!

上記のことから、アビリティの発動タイミングが1テンポ早まるだけではありますが、色々と気をつけるべき点があることがご理解頂けたかと思います。

このカード自体の効果は弱体化されていないようですので、他のカードに比べれば、このカードを使用する上でそれほど大きなダメージというわけではないかと思います。

(上記の先攻・後攻でアビリティ発動が大きく変化するということは、バトルスポーツスタジアムをプレイする上ではどうしても知っておいて欲しい内容となっております。)

孫悟飯少年期


  • アビリティ→パワーが100未満の仲間全員のパワーを初期値に戻す

このカードも上記の「ベジータBR」と全く同様にアビリティの発動タイミングが

  • 「戦闘力バトル終了時のアビリティ全解決後」

から

  • 「戦闘力バトル時終了時」

という1テンポ早くアビリティが発動するという仕様に変更されます。

上記の発動順に関して理解された方なら、お分かりいただけたかと思いますが、このカードの最大の魅力である「タンバリンの影響を完璧に受けない!」という点が完璧とは言えなくなってしまいました。

発動タイミングが同じである上記のベジータBRの枠を孫悟飯少年期にして読み替えてみると

自分が先攻の場合

  1. 相手のタンバリン
  2. 自分の孫悟飯少年期

の順で解決するため、ダウンしたパワーはそのラウンドの攻撃から元の数値として扱えるため問題はありません。

相手が後攻の場合

  1. 自分の孫悟飯少年期
  2. 相手のタンバリン

の順で解決するため、ダウンしたパワーをそのラウンド中は元に戻せなくなり、このカードはハッキリ言って役に立ちません。

(もちろん「タンバリン」のように1度限りのパワーダウンであれば、次のラウンド以降にパワー値を元に戻すことが可能ですのでご安心ください。)

しかし、このカードはパワー弱体化系の効果を一切恐れずにそのラウンドから攻められるという点がとても魅力的であったため、弱体化をされてしまったと見るべきでしょう。

孫悟飯青年期


  • 界王神・キビト・キビト神」のどれがチームにいれば、バトル開始時にアビリティでエナジーを2つ上昇&自分の戦闘力を1.2倍にする。

という効果から

  • アタッカーにした作戦決定時に「同条件で同効果を発動」に変更されてしまいました。

この変更によって、下記の4枚(ビルスはUM12男児点だと獄炎持ちに変わる可能性大)のコンボの根底を担っている1Rからの「エナジーガード」&「ユニット発動」という特権を失った形となります。

これによって他の「堅実な戦法」持ちと比べて差がなくなったということはもちろんのこと、今までとは違い「エナジー妨害」を受ける可能性が出てきてしまったため、使用率は大きく低下をしてしまいそうです。

(しかし、アビリティ発動タイミングの変更によって各ラウンドで「戦闘力1.2倍&エナジーを2つ確実に稼げる孫悟飯青年期」という枠で今後の使用されることはあるかも知れません。)

その他


ここからは環境にそこまでは影響を与えないものの、個人的に気になったカードを簡潔にご紹介します。

ベジータGT


アビリティの発動がベジータBRや孫悟飯少年期とは、違い1テンポ遅くなったカードです。

これによって特別使いやすいとは言えませんが、パワー・ガードといったステータスダウンが相手でも多少の火力枠にはなれるかと思います。

ベジータGTに関しての記事はこちら!

攻勢の好機


  • アビリティ→このアビリティ発動時に必殺技を発動できない仲間全員のパワーをそのラウンドのみ1万上昇(毎回)

今までは名前の通り「絶好の好機」などと同様に「好機系」のタイミングで発動していた、カードが何故かアビリティ発動が1テンポ早められてしまいました。

これによって、先程もご紹介した通り「自分が先攻・後攻のどちらを取るか」で相手のパワーダウン効果を受けやすくなってしまうことは残念ですが、

このアビリティに関しては、「必殺技が発動できない仲間という条件」があったため、この修正を逆手に取って同タイミングでエナジーを増やすことができる暗黒仮面王やゴジータBRといったカードを後にスキャンしておくことで

パワーアップと「必殺技発動」の両方を得ることができるようになりますので、逆に強化をされたような気もするアビリティです。

時空転送封印ユニット


今まで「コモンカードの人造人間17号・ミスターサタンの2種類が持っていたユニット」らしいですが、ベジータゼノが持つ「超時空斬り」やゴジータゼノが持つ「激闘の絆」といった超アビリティも封印できたそうです。(管理人は知りませんでした)

今回修正されて超アビリティを封印できなくなった理由としては、ビッグバンミッションで登場する「時の界王神」URが「超アビリティのみを封印するユニット」を持っているそうなので、差別化をするのが狙いかと思います。

今後使われそうなカード


ここからは個人的な考察ではありますが、今回の修正で以前より使用頻度が上がりそうなカードをご紹介させていただきます。

今回の修正で今後使われていきそうなカードとしては、「パワー弱体化」・「エナジー破壊」の妨害系といったカードが今後の環境では流行りそうだなと個人的に考えています。

パワー弱体化系カードの流行りそうな理由としては、今回の修正で「完璧」と言える対策カードが消えたということが大きいかと思います。

UM12弾でパワーダウンに対しては、ほぼ完璧な対策が可能になったかと思いましたが、今後はUM12弾以前のように「タンバリン・ベジータ王ゼノ」といったカードを中心として「パワーダウン系」カードは有力な防御枠として使われるのではないかと思います。

エナジー破壊系が流行りそうな理由としては、ベジータBRや孫悟飯青年期といったエナジー破壊が効きにくいカード達が今回の修正で軒並み弱体化されたという点が大きいかと思います。

エナジー破壊系のカードが採用しても無駄になることが減ったため、暗黒王メチカブラやダーブラゼノ・人造人間17号といったカード達も相手に刺さる可能性が高いと考えご紹介させていただきました。

最後に・・・


今回は2020年2月終わりに発表されたカードの内容修正に関して考察してみました!

この修正によって環境で使用されるカードに割と大きな変化が起こりそうですが、ビッグバンミッションが少しでも盛り上がれば良いと願っております。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら