[SDBHカード性能解説]GDM9-33 34 アボ&カド使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


アボ

  • バトル開始時に自分チームに「カド」がいると自分と「カド」の必殺技ダメージが2500上昇&ミラクルパーフェクト率UP
  • ダブルでは自分とパートナーのミラクル率が超UP

カド

  • (アボのアビリティの「カド」を「アボ」に変えただけのため割愛)
  • ロックオンでは攻撃相手がそのラウンド中だけ連携アタックに参加できなくなる

このカードの特徴


互いが互いのアビリティを強化しているため2枚スキャンすると必殺技を発動するだけで5000の固定ダメージを与えることが可能です。

残念ながら同じバトルタイプでは無いため連携アタックで一気に1万の固定ダメージと言うわけにはいきませんが、

互いのアビリティによってミラクル率を上げたり「アボ」のダブル効果でもミラクルパーフェクト率を上げることができるため、かなりの高確率で攻撃を決めることが可能となっております。

必殺技コストもエナジー5個で発動可能であり下手なURカードよりも使いやすく、SRのカードとしては十分に強力な効果を持っていると言えるでしょう!

デッキ紹介&まとめ


そんなアボ&カドを使ったデッキがこちらです!

アボ・カドの固定ダメージを主として攻めていく構成にしてみました!

アボ&カド以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • フリーザアバターアボ・カドの必殺技発動による固定ダメージ5000と同じく数値の固定ダメージをCIに勝つだけで発動可能となるため採用。

 

  • ゴジータBR→このデッキではアボ・カドの必殺技発動に必要なエナジー5個があれば十分であるため、相手に依存せずに戦闘力を5499でエナジーを3個確実に獲得できるため採用。

  • 時の界王神→アボ・カド・フリーザアバターの固定ダメージを確実に与えるにはどうしてもCIに勝たなくてはいけないため、「CI速度超UP&ミラクルパーフェクト封印」でCI勝利の確率を高めてくれるため採用。

  • トランクスゼノ→このデッキの主なダメージ源が固定ダメージとなり、UM12弾の暗黒王メチカブラのアビリティを受けてしまうと負けに直結するため、気力回復枠&キーソードによる上記の暗黒王メチカブラのアビリティを発動させないために採用

 

  • ゴジータUM→相手への妨害がほとんど編成されておらず、防御面が弱い構築となってしまったため、戦闘力を7000以下に調整することで、被ダメージ半減&仲間を気力ダメージから守ってくれるこのカードを採用。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら