[SDBHカード性能解説]SH8-SCP11 魔神プティンの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「陽動作戦」

  • 「自身をサポーターにした戦闘力バトル終了時のタイミング」で、敵全員の気力を半分にする。
  • [初回サポーター時にのみ発動]

「暗黒神龍:破壊の願い」

  • 2R目以降アタッカーにするとCIによる攻撃終了後に「暗黒神龍モード」突入し「敵チーム全員に気力ダメージ」・「敵チームに3000ダメージ」のどちらか1つを発動する。
  • どちらを選択しても、相手のヒーローエナジーを2個破壊
  • 神龍・暗黒神龍はバトル中にどちらか片方かつ1度しか発動できません。

ダメージを選択した場合は相手のHPをゼロにすることも可能。

気力ダメージの方は相手の気力を1メモリの半分程度しか削れませんが「気力ダメージ」を与えるため気力が最低値を下回った相手に関しては、気絶させることが可能です。

個人的評価


アビリティ

「陽動作戦」は、通常の気力ダウンアビリティのように「1メモリ・2メモリ」といった決まった値の気力ダウンではなく 「発動時点の半分」という数値が設定されているため、このアビリティの発動によって相手キャラの気力が「ピンチ」にならないのが非常に魅力的です。

これによって

  • 「気力ピンチ・気絶時」でしか気力回復できない「グレートサイヤマン3号」
  • 「気力ピンチ時」しか気力回復できない「孫悟空GT」

といった本来気力妨害の敵となるアビリティ発動をスルーすることが可能となります。

暗黒神龍

バトル中チームで1枚しか発動できないが「3000の固定ダメージ・相手チーム全体に気力ダメージ」のどちらの内容も攻撃終了後に発動できるTAAとは思えない効果が優秀です。

特に、本カードはアビリティで相手の気力を下げることが可能であるため「気力妨害系デッキ」に編成して相手チームの大量気絶を狙うといった選択肢も大いにありです!

まとめ


今回は、SH8弾CPカード魔神プティンのご紹介をさせていただきました。

陽動作戦+暗黒神龍の組み合わせに唯一性があり、CPながらそれなりのレートが付いている汎用カードです。

下記のようなカードのユニットメンバーにこともできますので、ご興味のある方はぜひお試しください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら