[SDBHカード性能解説]SH8-SEC ベジータ王:ゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


「暗黒に染まったサイヤ人の王」

  • 自分をアタッカーにした「戦闘力バトル終了時」のアビリティ発動タイミングでパワーが12000以上の敵全員のそのラウンド中のみ超速くする(毎回発動)

「暗黒神龍:破滅の願い」
2R目以降アタッカーにするとCIによる攻撃終了後に「暗黒神龍モード」突入し

  • 「敵チーム全員に気力ダメージ」
  • 「敵チームに3000ダメージ」

のどちらか1つを発動することができ追加効果でどちらを選択しても相手チームのガードを永続で半減

(ダメージを選択した場合は相手のHPをゼロにすることも可能。気力ダメージの方を選択した場合には、相手の気力を1メモリは削れませんが、「気力ダメージ」を与えるため気力が最低値を下回った相手に関しては気絶させることが可能です。)

(神龍・暗黒神龍はバトル中にどちらか片方かつ1度しか発動できません。)

このカードの特徴


SDBHSECカードの初動からのレート低下は確かに激しいですが、そのカード達の中でもレートが下がるのが一番と言っていいレベルで速かったと個人的には感じたカードです。

アビリティのパワー12000以上の相手のCI速度を上昇させるという効果は、特にベジータ王ゼノをユニットメンバーに指定しているカードが存在するわけではないため他のカードでいくらでも代用が効きますし、暗黒神龍の追加であるカード値の半減という効果もSECのカードだからという理由で特別強力な効果を設定されているわけではありません。

これらの理由から、SECというレアリティであるにも関わらずほとんどバトスタで使われているのを見たことがなく、かろうじて使われていたとしてもUM3弾でロベルが登場したことによってパワー12000以上の相手が増えたのを境にほんの少しではありますが「CI速度上昇」と「暗黒神龍」を評価されて採用をされたくらいかと思います。

現在は「CI速度上昇」と「暗黒神龍」といえばUM9の暗黒王メチカブラという存在し、発動条件やCIを速くさせる速度が違うため一概に完全な下位互換と言い切ることはできませんが、ほとんど使われないカードという認識で間違いはないかと思います。

しかし、このカードはレートが他のSECと比べて安いため、「高レートのカードの購入は避けたい!」という方にとっては「暗黒神龍」の枠として持っておいても良いかもしれません。(暗黒神龍のCPカードは割と高レートが多いため傷あり等であれば、SECのこのカードの方が安上がりかも(笑))

デッキ紹介&まとめ


そんなベジータ王:ゼノを使ったデッキがこちらです!

正直ベジータ王ゼノである理由は一切ありませんが、一応ベジータ王:ゼノ以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • 暗黒魔神バーサーカータイプ→トランクスゼノやベジータゼノのTAAの追加効果でガードを低い相手を意図的に作ることができるためダメージを稼げると考えて採用。ドロー・究極龍拳による固定ダメージ&HP回復も防御力が高めのこのデッキに相性バッチリです!

 

  • 孫悟空ゼノ→「戦闘力制限ユニット」を発動できるため採用。単純に「ベジータゼノ・トランクスゼノ」をユニットメンバーとしてこのユニットを発動できるのが強力です。

  • ベジータゼノ→孫悟空ゼノのユニットメンバーであり自身もユニットを発動できたり、アビリティの強化条件も満たしているため採用。シンプルに各ラウンドで3000の固定ダメージを与えられるのは強力です!(今回は固定ダメージを中心に攻めていきたかったためこのベジータゼノを採用しましたが、防御力をさらに上げたい方に関しては右のベジータゼノを編成してもいいかもしれません。)

  • トランクスゼノ→孫悟空ゼノのユニットメンバーと気力回復&ダメージ軽減枠として採用。キーソードの追加効果による「ガード1」というのも暗黒魔神アバターのアビリティと相性が良いです。

  • ゴジータUM→シンプルに気力ダメージからチームを守ってくれたり、高い防御性能を評価して採用。管理人が最近非常に気に入っている1枚です。

  • 魔神ドミグラ→本デッキの気力回復枠&ゴッドメテオによる固定ダメージに期待して採用。地味ではありますが、エナジーを各ラウンドで1つ増加させてくれるのはエナジーや必殺技がギリギリ発動できたりとありがたい存在です。(最近はロベルの姿を見る機会が減った気がしますが、このドミグラは究極カミオレンというカードに相棒を変えてそれなりそれなりの頻度で使われている気がします。)

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク
フォローはこちら