[SDBHカード性能解説]SH6-59 魔神トワの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「科学者の魔術」

  • 「自身をサポータにした戦闘力バトル終了時のタイミング」で、パワーが高い敵アタッカー上位3人の必殺技をそのラウンドのみ封印する。
  • [初回サポーター配置時のみ発動可能]

「狂惑星の雷」

  • 2R目以降に自分チームにヒーローアバターが編成されている状態でアタッカーにすると、超巨大化スラッグを時空転送し「相手チーム全員のパワー・ガードを永続で3000ダウン」

この時空転送で相手にダメージを与えることはできません。

個人的評価


アビリティ

他の必殺技封印アビリティと違い、封印できる相手キャラの人数や回数に制限はあるものの、自分をサポーターに下げるだけでアビリティの発動ができる点から、相手の構築に依存せず確実に必殺技を封印したい時に重宝します。

(「デストロンガス・ダーブラゼノ・キョアックマン・暗黒王メチカブラ」辺りだと必殺技を封印できない可能性が少なからず有り。)

必殺技封印をすることで「大神官・ブルマBR」といったカードによる1キルを防ぐことが可能です。

時空転送

ダメージが無く「パワー・ガード3000ダウン」という地味な内容となっておりますが、自分チームの攻撃が始まる直前に発動することができるため「絶好の好機」や相手のステータス増加系アビリティの後に発動することができ、その後の相手アビリティによるステータスの上書きを考えず、攻撃を仕掛けることが可能です。

(サイヤ人系アバターのゴッドメテオ前の発動でもありますので、稀に一緒に使われているのを見かけます。)

絶好の好機例↓

まとめ


今回はSH6弾トワのご紹介をさせていただきました。

  • アビリティによる確実な必殺技封印
  • 時空転送による遅いタイミングでの相手チーム全体のステータスダウン

が輝くカードです。

「魔神トワ」枠としてユニメンでの採用も可能ですので、ご興味のある方はぜひお試しください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら