[SDBHカード性能解説]SH5-66 リキールの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


タッカーにしたラウンド終了時に相手チーム全員の気力を半分にする [1回限り]

スターブレイクでは攻撃相手の気力消費による戦闘力上昇を半減させます

このカードの特徴


このカードはラウンド終了時というタイミングで相手チームの気力を半分にするという絶妙な効果を有したカードです!

登場当初は同じ条件・タイミングで相手チーム全員の気力を最低値まで落とすことができるアビリティが発動可能なゴワスが存在していたためアビリティとしては下位互換でしかありませんでしたが

UM8弾で登場したグレートサイヤマン3号の「ラウンド開始時に気力がピンチの気力を回復する」というアビリティの登場によって闇雲に気力を下げれば良いという環境ではなくなり

相手の気力を半分という絶妙な数値にすることでグレートサイヤマン3号の発動を防ぐことができるという点でこのカードは注目を集めました!

アビリティの発動がラウンド終了時であるため、戦闘力バトル終了時にアビリティを発動して、その後の自分の攻撃で気力をピンチにするという心配も無いのもこのカードの魅力の一つです!

デッキ紹介


そんなリキールを使ったデッキがこちらです!

リキール以外のカードの採用理由を簡単にご紹介すると、

  • フィン→1Rでの戦闘力上昇を防ぐことで先攻をとりやすくして、サイヤ人女アバター・トランクスゼノのアビリティを発動しやすくさせます

  • 魔神プティン→フィンとの組み合わせでほぼ確実に先攻をとれるようになるため採用をしました。自身のアビリティで気力を下げてしまいますので相手にグレートサイヤマン3号がいる時には注意が必要です。

  • サイヤ人女バーサーカータイプ→フィン・プティン・リキールの3枚を使って1・2Rの先攻をかなりの高確率でとることが可能であるためトランクス:ゼノと合わせてうまくいけばCIの勝利なしでKOなんてこともあります。

 

  • グレートサイヤマン3号→いくら相手を妨害して先攻を取りやすくしても、自分の気力が無ければ先攻はとれないためゴワスをはじめとしたカードの対策として採用。

  • 孫悟飯少年期→タンバリンをはじめとしたパワー妨害を完全にシャットダウンしてくれるため採用。

  • トランクスゼノ→先攻をとれば相手全員のガードを1にしてくれるため本デッキと非常に相性が良いです。

ありきたりなデッキになってしまい申し訳ないですが孫悟飯:少年期の登場によってパワーダウンを恐れる必要が無くなり、以前より余計に相手にしたくない強力なデッキになったかと思います!

興味があればお試しください!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
フォローはこちら