[SDBHカード性能解説]SH2-51 ベジータ:ゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


自分の攻撃時に相手に与えるダメージ1000上昇(チームに孫悟空または孫悟空:ゼノがいると1000から3000に変更 [毎回])

超エナジーでは攻撃した相手のガードを永続で1にします

ユニットでは孫悟空:ゼノとトランクス:ゼノをメンバーとして発動したラウンドのみですが自分のヒーローエナジー1つにつきパワーを2000上げることができます

ユニットSのためユニットによるヒーローエナジーの減少はありません

デッキ紹介


今回ご紹介するデッキはこちらです

ここからは各カードの採用理由について簡潔にご紹介します!

サイヤ人男バーサーカータイプ


ベジット:ゼノのダブルアタックのパートナーにしてガードを無視して攻撃し、時の界王神のアビリティで軽減効果も無効にできるためゴッドかめはめ波によるダメージがかなり期待できるため採用しました

ベジータ:ゼノ


今回の編成では固定ダメージを与えつつ相手にタンバリンなどのパワーを下げるようなカードがいたとしても、ユニットでパワー上昇をすることができチーム全体でのダメージアップに貢献してくれています!

ベジット:ゼノ


ダブルアタックの効果でサイヤ人男にガードを無効にして攻撃をさせることができたり「エナジーガードユニット」でヒーローエナジーを守りつつベジータ:ゼノのユニットの発動時に挙げられるパワーを上昇させることもできるため採用しました

トランクス:ゼノ


ベジット:ゼノとベジータ:ゼノのユニットメンバーになり「絶好の好機」で「異次元からの使者」のトランクス:ゼノの対策までできるため採用しました

孫悟空:ゼノ


受けるダメージを40%減らしてくれて「タンバリン」と「絶好の好機」の組み合わせによってサイヤ人男バーサーカータイプをサポーターにしている間の時間稼ぎとなってくれます

また、ベジータ:ゼノのアビリティ強化やユニットメンバーにもなっているため採用しました

時の界王神


一見しただけでは「時の界王神の加護」の時の界王神との見分けがつかず自分がサポーターに下げるか2Rでのチェンジが発動するまで相手に勘違いをさせることも可能なカードです

チェンジ成功でHPが6800にもなりチームの耐久値上昇にも貢献してくれたりアビリティによる軽減効果無効で

クロノアベジータ:ゼノなどの固い守りを無視して、サイヤ人男バーサーカータイプの高火力を浴びせられるため採用しました

タンバリン


孫悟空:ゼノと「絶好の好機」だけでは守り面でかなりの不安があったため1枚で妨害の役割を果たしてくれるタンバリンを採用しました

まとめ

ベジータ:ゼノはCIに勝っても負けても孫悟空を編成していれば確実に3000ダメージを毎ラウンド与えられる優秀なカードです

今回はユニットによるパワーアップを狙った構成にしてみましたがエリートタイプには

下記のような固定ダメージを与えることができる強力なカードがほかにもあるためそれらと組み合わせて固定ダメージ主体のデッキでの活躍も期待することができます。

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら