[SDBHカード性能解説]SH1-SEC2 ベジットの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「ファイナルかめはめ波」

  • 「自分の必殺技発動時のタイミング」に自分チームのヒーローエナジーが10個あれば、その必殺技で与えるダメージが2倍&相手チームのエナジーを0にする
  • [必殺技発動時に毎回発動]

「狙いを定めた一撃」

  • 「作戦決定時」に発動する両チームのアビリティ全解決後に自分が必殺技を発動できる状況であれば狙った相手に1度だけ攻撃することができ「攻撃相手のCI速度UP&その攻撃のみ必殺技ダメージ3倍」を獲得
  • [バトル中一度だけ発動可能]

ロックオン・アビリティのどちらもダメージ倍増効果による与ダメージ増加です。

ダメージ倍増効果に関してはこちら→[ダメージ倍増効果・ダメージ軽減効果とは?] SDBH カード用語に関して解説

個人的評価


アビリティ

ヒーローエナジー10個という厳しい条件ではありますが、相手のエナジーが何個あろうと0個にすることができるという珍しい効果を持っています。

(ヒーローエナジー10個という状態を実践で維持できるかと言われると厳しいというパターンがほとんどですので、実用性的には皆無)

ロックオン効果

アビリティの2倍と合わせて、単体火力6倍までの必殺技ダメージを出すことができ少し前まで「必殺技ダメージはダメージ倍増効果に入らないため、有効な攻撃手段です」的なご紹介もできましたが、UM9弾で必殺技ダメージもダメージ倍増効果に含まれるという裁定に変更されたため、 相対的に使いにくくなってしまいました。

(現在の環境であれば、必殺技ダメージ20倍・10倍といった数値を現実的な難易度で出すことができるカードが存在するため、上記の理由と合わせて2重の意味で使いにくいです。)

例↓

必殺技コストも「8」と重いため、8個貯めるくらいならエナジーを10個貯めて、相手のエナジー全破壊を狙えるように、 「エナジーガード」ユニットやアプリを使用した構成と組み合わせると良いかもしれません!

まとめると

  • 実用的な面で考えると、現環境での使用は絶望的
  • イラスト・今後の高騰読みという理由で保管するのはOK

といった感じかな?

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら