[SDBHカード性能解説]UM10-SEC3 ベジータの使い方とデッキレシピ

今回はUM10弾のSECベジータを使ったバトルスポーツスタジアム用のデッキをご紹介させていただきます。

ここからは各カードについての採用理由とデッキ構成についてご紹介をさせていただきます。

勝率も中々高めで、使っていてとても楽しいですのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ベジータのアビリティとデッキ紹介


このカードは最近のSECにはかなり珍しくカードアクションアビリティやタッチアクションアビリティを一切持っていません。

その代わりにアビリティがとても特徴的で

必殺技が1度しか発動できず必殺技発動後に気力が最低値まで落ちて、さらに受けるダメージが3倍になってしまう代わりに

必殺技ダメージが3倍となりヒーローエナジーが9個以上あると必殺技ダメージがなんと20倍になります。

デメリットこそありますが20倍の必殺技が決まりさえすれば「獄炎のゴッドメテオ」などの9割軽減さえ発動してなければ、ほぼ確実に相手を倒すことができるでしょう。

そんなベジータの20倍を発動させようと考えたデッキがこちらです。

ベジータデッキ

フリーザアバターHRタイプとヤムチャ(プロモ)


アバターはフリーザアバターのヒーロータイプを採用しました。

魔人アバターエリートの方がこの編成だと強いことは理解しているのですが魔人アバターを使ってしまうとお相手に超高確率で暗黒王メチカブラが編成されています。

暗黒王メチカブラを使用されてしまうとエナジーが溜まりにくくなってしまいベジータのアビリティが発動できないため今回はフリーザアバターを編成しました。

フリーザアバターなら1回でもCIに勝つことさえできればこちら側で編成している暗黒王メチカブラとベジット:ゼノのダブルアタックと合わせて10000の固定ダメージを期待できます。

ほぼ魔人ELと同様の役割ができるため今回はフリーザアバターのヒーロータイプを編成しました。

ヤムチャはとにかくベジータの20倍の発動のためのエナジーが欲しいのでチームの気力回復かつエナジー確保のため編成しました。

ベジット:ゼノ(SH3)


ベジット:ゼノはエナジーガードユニットを持っておりエナジーが2個あれば2ターン目以降はエナジーがダウンすることがなくなります。

暗黒王メチカブラなどのエナジーダウンの対策に有効です。

ユニットメンバーも時の界王神とトランクス:ゼノという使いやすいメンバーに恵まれていてこちらのデッキだけでなく色々なデッキに出張することが可能です。

また、ダブルの効果で自分とベジータを組ませれば3ターン目以降はベジータがガードを無視して攻撃することが可能になるため

高ガードを武器としている人造人間8号の対策にもなります。

アビリティとしてはそのターンの受けたダメージが10000以下なら受けるダメージにもよりますが最大で3個のエナジーアップが可能となり自力でユニット分のヒーローエナジーを獲得することが可能となります。

1Rに先行をとることができれラウンド終了時のアビリティの発動順番を相手のアビリティが発動した後にできるため

ゴワスがいたとしても確実にユニットを発動することが可能となります。

SDBHのアビリティ発動順番の重要な仕様について解説

時の界王神(GDM3)とトランクス:ゼノ(UM9)


時の界王神はベジットのユニットメンバーでさらにアビリティの「時の界王神の加護」でこちらの受けるダメージを減らしてくれるため採用しました。

相手がサイヤ人女アバターの時は、下の画像の「異次元からの使者」のアビリティを持ったトランクス:ゼノが採用されていることが多いため横にある「絶好の好機」を持った時の界王神と入れ替えてみてもいいかもしれません。

トランクス:ゼノはたくさんの種類がありお好みでいいかなと思います。

今回の編成では先程ご紹介した「異次元の使者」持ちのトランクス:ゼノはベジット:ゼノのダブルアタックの効果と役割が被っていると感じたため相手方のアビリティの封印ができるキーソードロックを持ったトランクス:ゼノを編成しました。

また、このトランクス:ゼノはタイムパトロールを持っているのでCIに自信がない方でもCIスピードを速めらてCIが押せなくなるということはなくなると思います。

暗黒王メチカブラ(UM9)


こちらの採用理由としてはヤムチャでこちらがエナジーを貯めている間の足止めとしての役割を担ってもらいます。

アビリティがこちらのサポートの人数が多いほど相手のエナジーをダウンさせることができるためヤムチャとの相性もバッチリです

これは余談ですがこの記事を書いている12月のはじめ現在では暗黒王メチカブラの相場は3200あたりで取引されていますが個人的にこの相場に納得できていません。(笑)

まだUM9弾が収録からそれほど時間が経っていないということやキャラクターの人気が理由としてあるかもしれませんが、バトスタをやっていて使用率NO.1といっても過言でないくらいの使用率を誇っているにも関わらず

3000円台前半でこのカード買えるという状態がとても不思議です。

(管理人は枠が余ったらとりあえずいれてみる候補の筆頭です。笑)

もしかしたらこれから相場がかなり変動するかもしれませんが安いに越したことはないのでかなりおすすめの1枚です!

このデッキの弱点について


このデッキの弱点は気力ダウン系のデッキと速攻系のデッキです。

ゴワス超一星龍:ゼノなどの気力ダウン系のデッキと当たってしまうと

ヤムチャの気力回復だけでは間に合わず、常に先行をとられ続けてしまいなにもできないまま負けてしまいます。

また速攻系のデッキにも非常に弱く守りのカードがメチカブラがいるといっても

エナジーを無視した物理攻撃に対しての守りは時の界王神しか編成できていないため1Rから攻められるとかなり厳しいです。

こういったデッキに出会った場合は恐らくエナジーを貯めている時間はないでしょうからベジータのアビリティを発動することを諦めてフリーザアバターのアビリティを駆使して早急に勝負を決めてしまうとよいでしょう。

まとめ


今回はUM9弾のSECベジータを使ったデッキをご紹介させていただきました。

技が決まりさえすれば相手を倒すことができるというかなり尖った性能をしていて個人的にはかなり気に入っている1枚です。

使い方次第ではこのデッキとは違った輝き方をすることができる1枚だと思っているので、ぜひプレイヤーのみなさんでいろいろなカスタマイズをお楽しみいただければと思います!

本デッキがプレイヤーの皆さんのデッキ作成のご参考に少しでもなれば幸いです。

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら