[SDBHカード性能解説]UM11-SEC3 ハーツの使い方とデッキレシピ

今回はUM11弾SEC超ハーツを使ったバトルスポーツスタジアム用のデッキをご紹介します。

今回使用するデッキはこちらです。

妨害系としてかなり優秀な効果かと思いますのでぜひご覧ください。

ここからは一枚、一枚の採用理由について述べさせていただきます。

スポンサーリンク

ハーツの能力紹介(UM11)


このカードは作戦決定時パワー10000未満の相手のダメージ倍増効果をそのラウンドのみ無効にし、10000以上のアタッカーのパワーを3000奪います。

この効果は自動効果のためハーツがアタッカーにいてもサポーターにいても発動します。

このアビリティの最大の魅力は個人的に10000未満のアタッカーの倍増効果を無効にしてくれるところだと思います。

「獄炎のゴッドメテオ」や「時の界王神の加護」と一緒に使うことは敵の倍増を無効にしてしまうためできませんがこれまでは相手のダメージ倍増効果を無効にしようとすると

「神聖なる力」や「時の界王神の暴走」「冷酷無比なサイヤ人の王」

などのアビリティを使っても

全て自分をサポーターに下げなければ発動できませんでした。

これによって下記の画像の

スーパーベビートランクスのアビリティを発動させてしまい、ガードとダメージ軽減効果を無視して攻撃されてしまうか、倍増を無効にしないかの選択肢しかなかったにも関わらず

このハーツを使えば条件付きではあるにしても自分をアタッカーにしながらでも相手の倍増効果を無効にできるためスーパーベビートランクスのアビリティを発動させないかつ倍増無効という状態の実現しています

現在のハーツのレートを見ているとそこまで評価されていないのは明白ですが個人的にはUM11弾のSECでも一番の当たりではないかなと思っています。

さらにゴッドメテオはサポーターの効果ではありますがサポーターのガードとダメージ軽減効果を永続で無効にしてくれます。

こちらはサポーターに下げても上げてもハーツのどちらかのアビリティの発動条件を満たしてくれるものになっております。

スーパーオレン(UM7)


 このカードはサポーターにした時アタッカーのパワーとガードを3000ずつ奪います。

ハーツのアビリティと相性がよく高確率で相手のアタッカーのパワーを10000未満にすることができます。

先程あれだけアタッカーに出せての倍増無効の素晴らしさについて語っていたのにいきなりサポーターでの発動効果かよ (笑)

と思われるかもしれませんがスーパーベビートランクスが相手にいたらスーパーオレンをアタッカーに出せばいいだけですのでそこまでサポーターでの発動効果を気にする必要はありません。

また、スーパーオレンは相手から奪ったガードを使って壁役にもなることができるためおすすめです。

ホイ(GDM7)


ホイはアタッカーにしたラウンド終了時に相手のサポーターの人数1人につき相手チーム全員のパワーとガードを2000ダウンしてくれます。

スーパーオレンやハーツのアビリティを避けようとしてもホイのアビリティを発動させることでハーツのパワー10000未満の効果を発動させやすくしてくれます。

ホイとスーパーオレンを入れることで相手が人造人間8号のような高ガードを作るデッキ

であったとしても立ち回り次第で勝ち目を持たせる役割もホイは担っています。

ゴジータ:GT(UM1)


ゴジータ:GTはラウンド終了時にそのラウンドで受けたダメージが未満の時自分のパワーと戦闘力を3倍にし気力を全回復します

3R目にはただでさえ高い戦闘力がさらに4になります。

ハーツとホイとスーパーオレンで相手は5000ダメージを与えてくるのが、厳しくなったところで戦闘力を何倍にもできれば毎ターン先行をとることができ後でご紹介するサイヤ人女アバターのアビリティを最大限に生かすことができます。

サイヤ人女アバターバーサーカータイプは先行をとると与えるダメージをアップさせることができる点から

ゴジータGTの戦闘力倍化アビリティと相性が非常に良くスーパーオレンやホイのアビリティでガードが下がったところにゴッドかめはめ波と究極龍拳を決めてかなりのダメージを与えられると考えて編成をしました。

ゴハンクス:未来(GDM9)


このカードはラウンド終了時に相手の戦闘力が6000以上であればヒーローエナジーを1つ上げ

相手のアタッカー1人につきHPを1000回復します。

さらにロックオン効果で相手のパワーとガードをそのターン中1にします。

本デッキはハーツのアビリティやその他のカードで相手のダメージ倍増効果を無効にし、パワーも下げているため相手としてはかなりダメージが与えにくいはずです。

そこでゴハンクスを使うことで相手が無理に攻めてきてもすぐにHPを回復して長期戦に持ち込みます。

このデッキはハーツとスーパーオレンでアタッカーのパワーを削ることはできますがサポーターのパワーはあまり削ることができません。

もしUM2弾の暴走悟空などの高火力キャラクターをずっと1人サポーターにして何らかの手段で倍増効果を発動されてしまうと全てのHPを持っていかれかねません。

ゴハンクス のロックオンは発動タイミングの都合上どうしてもハーツと相性は悪いですが、ピンチの時に好きな敵アタッカーのパワーを1にできるため採用しました。

グレートサイヤマン3号(UM8)


 このカードはラウンド開始時に自分以外の仲間の気力がピンチか気絶してしまっていいる時に

その仲間の気力を2メモリ回復し、自分に固定戦闘力2000を与えてくれます。

このカードはハーツなどが気絶した時の復帰用としてとりあえず採用しました。

あまり相性の良い気力回復枠が見つからなかったため自由枠としてお考えください。

ベジータ王:ゼノ(UM10)


このカードはスーパーオレンでは削り切れないほどの高パワーを有したキャラ対策にと編成をしました

スパーキングでもかなりの火力を出すことが可能な強力カードです!

まとめ


今回はUM11弾のSECハーツを使ったデッキをご紹介しました。

ハーツはアタッカーでも発動できる相手のダメージ倍増無効キャラクターというのが最大の魅力であり相手のパワーをどうにかして下げれば

どこにいても相手のダメージ倍増効果を無効にすることができる頼もしいカードになってくれるかと思います。

またバーサーカータイプでもあるため奪ったパワーで強力な攻撃できるなどいろいろな構成を考えることができると思います。

興味があればお試しください!

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら