[SDBHカード性能解説]SH2-53 トランクス:ゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


「守りの構え」

  • アタッカーにしたラウンドの相手の攻撃前にそのラウンドで自分チーム全員が受けるダメージを半減する。[1回だけ](ダメージ軽減効果上昇による軽減です。)

「戦闘力制限ユニット」

  • ユニットメンバー→「孫悟空ゼノ・孫悟飯ゼノ」
  • ラウンドの初めにユニットメンバーが気絶していなければ、自分チームのエナジーを4個消費することで、「そのラウンドのみ相手の戦闘力が2000以上あがらなくなる」ユニットを発動可能。(クイックボーナスはこの2000という数値に含まれていないため、確定で先攻を取るには2500以上の戦闘力が必要)

このカードの特徴


アビリティの「守りの構え」は1度だけではありますが、シンプルに相手からの被ダメージを半減させることができ、後でご紹介する「戦闘力制限ユニット」持ちのカードとしては十分に実用性があるアビリティを保有しているかと思います。

「戦闘力制限ユニット」では選択肢が広い「孫悟空ゼノ&孫悟飯ゼノ」というカードの中からユニットメンバーを選ぶことができ、多様なパターンでの構築が考えられております。

最近では、ユニットメンバーが重複しているという理由から下記の「孫悟空ゼノ」や3月14日に発売するスターターパックに収録されている「孫悟飯ゼノ」などの「4枠を使いって戦闘力制限ユニットを2回発動できる」といった構築もよく見かけられます。

このカードは「トランクスゼノ」という「ゼノ戦士」の中でも主人公的な立ち位置で登場しているため、「ユニットメンバー候補が今後も増え続けていく」という非常に大きな特徴を持ったカードです。

今後も「同類のアビリティ・同種のユニット」を持っていてプラスアルファ的な要素を持った上位互換的なカードが登場でもしない限りは、使い道が途切れることがほとんど考えられず、レート的にもSRという位置づけであるため300円もあれば購入できるカードですので、初心者の方にも非常におすすめの1枚です。


そんなをトランクスゼノ使ったデッキは下記の記事のデッキ紹介欄よりご紹介中ですのでよろしければご確認ください!

[SDBHカード性能解説]UMP-84 孫悟飯:ゼノの使い方とデッキレシピ

[SDBHカード性能解説]UM8-42 孫悟飯:ゼノの使い方とデッキレシピ

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら