[SDBHカード性能解説]BM2-46 トランクスゼノの使い方と個人的評価

管理人はユニットを組み込んだデッキが大好きです。

恐らく、本記事の内容も過剰評価している可能性が高いですので、その点を考慮の上で御一読頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

性能紹介


「堅実な戦法」

  • 「自分がアルティメットユニットかアルティメットユニットSを発動した作戦決定のボタンを押す前のタイミング」で自分チーム全体の気力を2メモリ回復する。
  • [ユニット発動時に毎回発動]

発動タイミングのやつ追加

「決意のキーソードロック」

  • アタッカーにするとCIによる攻撃終了後に「キーソードロックモード」に突入して、相手のキャラクターの中から好きなキャラクターを選択し、狙った相手に「ロックCI」を挑んで攻撃を仕掛ける。勝利すると狙った相手の次ラウンドでのアビリティ発動を封印する。
  • 追加効果でロックCIの勝敗に関わらず、狙った相手キャラクターの「パワー・ガードが永続で1000ダウン」
  • [キーソードロックは1Rから発動可能]
  • [キーソードロックはチームでバトル中1枚しか発動できない]

キーソード注意点↓

ロックCIは一回だけのCI勝負となります。

通常のCIのように「引き分けでもう一度CIを押し合う」ということは無く、引き分けの場合には相手側の勝利という判定となります。

つまり、発動側がいくら「パーフェクト」を出したとしても、相手が「パーフェクト」を出した瞬間に「アビリティの封印は絶対にあり得ない」ということになります。

相手の好きなキャラクターと記載しましたが「巨大化キャラ」を狙うことはできません。

アビリティ封印キャラクターが「ゴッド玉」を持っていてゴッド玉レベルが最大となった場合には、そのキャラクターが保有しているアビリティではないという判定から通常通り発動します。

「超アビリティ封印ユニット」

  • ユニットメンバー→「孫悟飯ゼノ・孫悟天ゼノ」
  • ラウンドの初めに指定されたユニットメンバーが気絶していなければ、自分チームのエナジーを2個消費することで「そのラウンド中相手チームの全員の保有する超アビリティの発動を封印する」ユニットを発動可能。
  • [1回だけ発動可能]

超アビリティとは「クライマックスチェンジ・激闘の絆(時空転送全般)・超時空斬り・超神龍」辺りのことを指します!

アビリティに関して


「堅実な戦法」は、通常の気力回復とは違い「ユニットを発動した後」に気力を回復することができるため「汎用的に使われている気力ダウンアビリティでは、回復した気力を妨害できない」といった特性を持っております。

「堅実な戦法」を持ったカードは他にも存在しますが、このカードの最大の特徴は「自身を含めて発動できるユニットの種類や数の圧倒的な量です。」

トランクスゼノと言えば、ゲームの進行ボイスや物語の中心にいることが非常に多く、今後もドラゴンボールヒーローズを引っ張っていくような主要キャラクターです。

ゼノ戦士系のユニットをはじめとして、界王神アバターのユニット、最近だと「孫悟空・ベジータ」といったカードのユニットメンバーに指定されることも多くなってきており

今後トランクスゼノをユニットメンバーに指定する強力なカードが登場すればする程、相対的に価値を高めていくことができる可能性を秘めているかと思います!

キーソードロックに関して


「キーソードロック」は、URのように「追加効果だけで活躍ができるようなものではありませんが「キーソードロック」自体の効果が対人戦で大活躍したり「UM12暗黒王メチカブラ」のアビリティ発動を封印することができたりするため「堅実な戦法」を保有していることを考えると十分すぎる内容かと思います。

暗黒王メチカブラの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM12-SEC2 暗黒王メチカブラの使い方と個人的評価

相性の良いカード


トランクスゼノをユニットメンバーに指定しているカードは、種類が余りにも多いため、全てを紹介するのは、不可能かと思いますので、個人的に強いと思うユニットを持ったカードをいくつかピックアップしてご紹介します!

パンゼノ

  • 自分の攻撃CIに勝つだけで、2000or5000の固定ダメージを与えることができるカードです。

トランクスゼノをユニットメンバーとして、CI速度を永続で初期値に固定するユニットを発動することができ、自身のアビリティ強化条件である「相手とのCI速度の差」を広げやすくすることが可能です。

時の界王神の枠を「UM10時の界王神」にして、フリーザーアバターヒーロータイプを使用したデッキの勝率がとても良かったですので、ご紹介させていただきました。

時の界王神→[SDBHカード性能解説]UM10-45 時の界王神の使い方とデッキレシピ

孫悟飯ゼノ

孫悟飯ゼノの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BMPS-09 孫悟飯:ゼノの使い方とデッキレシピ

ゼノゴールドの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]スターターパック「ゼノゴールド」使い方まとめ

  • 以前発売した、スターターパックゼノゴールドに収録されていたカードで、トランクスゼノをユニットメンバーとして「戦闘力制限ユニット」を発動することができます。

戦闘制限するのに気力回復しても、効果が薄いような気もしますが、孫悟飯ゼノ単体が「かめはめ波・守りの一手」を合わせ持っているという汎用カードですので、このカード以外のゼノ戦士系のデッキを組む上でも知っておきたいカードです。

界王神アバターエリート

トランクスゼノの他に「孫悟空(通常状態)」をユニットメンバーとして、エナジー消費5個で「発動後のチーム全体が受けるダメージを永続で半減することができるユニット」を発動可能です。

発動コストは少し重いですが、発動ができれば受けるダメージを永続的に減らしながら戦うことができます。

孫悟空の枠としては、ゴッドカメハメ波を発動するまで「通常状態」を保つことができる「スターターパックアルティメットシルバー収録の悟空」が毎ラウンド終了時にエナジーを上げることができるためおすすめです。

この他にも多数の候補が存在するかと思いますが、長くなり過ぎてしまうため、今回はこれくらいにさせていただきます。

まとめ


今回はBM2弾SRトランクスゼノをご紹介させていただきました。

ゼノ戦士でありながら「堅実な戦法」・「キーソードロック」の2点を合わせ持つ超優良カードです。

レート的なことを考えても、どなたでも入手できるカードかと思いますので、ユニットを組むデッキが好きな方は、持っておいて絶対に後悔しないかと思いますので、シングルで購入しても良いかと思いますので、絶対に入手しておきましょう!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら