[SDBHカード性能解説]HJ4-10 ジャッキーチュンの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「ジャッキーチュンの教え」

  • 「バトル開始時のタイミング」で、HPが2000以下の仲間キャラ全体の気力消費による戦闘力増加率が永続で2倍

「ガードカプセル」

  • 「2R以降のリンク効果解決後・作戦決定時効果解決前のタイミング」で発動可能
  • 相手チームを選択した場合は、カプセルに当たった相手チームキャラ全員のガード値を永続で1500ダウン
  • 自分チームを選択した場合は、カプセルに当たった自分チームキャラ全員のガード値を永続で1500アップ

補足

バトルカプセルは、2R以降の作戦決定後に使用者がアタッカー・サポーターのどちらにいても発動の可否を決定可能

複数のカプセル持ちを編成した場合は、全ての効果が一度に解決されます

自分チーム側に投げた場合は必中ではありませんが、相手チーム側に投げた場合は誰か1人に最低でも当たる仕様になっています

「武道会の実力者ユニット」

  • ユニットメンバー→「孫悟空少年期・クリリン少年期」
  • ラウンドの初めに指定されたユニットメンバーが気絶していなければ、自分チームのエナジーを3個消費することで「ユニット発動に使用した3人の気力を全回復する」ユニットを発動可能。
  • [1回だけ発動可能]

このカードはDBH時代のカードであるため、ユニットメンバーは状態を完璧に合わせなけれまなりません。

個人的評価


HP2000以下キャラの気力消費による戦闘力増加率2倍は対象キャラがかなり限られてくるものの、サポードするキャラによっては元々保有している戦闘力倍率をさらに2倍できるため使い道が全くないわけではない。

バトル開始時から戦闘力倍率3倍をかけることができる点から相性が良いと注目された「BM4孫悟空」

バトルカプセル→自分or相手のガード値が1500上下するかしないかというだけですので、それほど勝敗に大きな影響を与える程のものではないです。

まとめ


今回はHJ4弾SRジャッキーチュンのご紹介をさせていただきました。

現在フリマアプリで3桁後半で取引されている点から多少高騰しているようですが、戦闘力に倍率をかけるだけで終わっていまう本カードを編成している余裕があるかと言われると微妙かなと感じました。

アビリティの内容が特殊であるため、選択肢を広げるという意味で持っておいても良いかと思いますが、現在の高騰は一時的なものかと思いますので多少待ってから購入されることをお勧め致します。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら