[SDBHカード性能解説]HGD10-SEC 魔神ドミグラの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

性能紹介


「底知れぬ魔力」

  • 「作戦決定時のタイミング」で自分がアタッカー・サポーターのどちらにいても、自分チーム全員の気力を1メモリ回復して、自分チームのエナジーを1つ上昇

「暗黒のゴッドメテオ」

  • アタッカーにすると自分チームのCIによる攻撃終了後に「ゴッドメテオモード」に突入して発動すると相手にダメージを与えて、攻撃した次のラウンドでの相手チームの「アタッカーの人数分だけ相手のHPを1000ダウンさせる」

メテオ効果のHPダウンは「相手にダメージを与える効果」ではありませんので相手のHPは0にならず、1だけ残ります

ゴッドメテオは相手チーム全体に対して攻撃を行うため、気力ダメージは含まれておりませんが、発動時に相手チームの誰かが気絶をしていた場合にゴッドメテオを発動すると

気絶していたキャラクターを気絶から復活させてしまい、気絶キャラの気力を全回復させてしまいますのでご注意ください。

「暗黒の野望ユニットS」

  • ユニットメンバー→「暗黒トワ・超ミラ」
  • ラウンドの初めに指定されたユニットメンバーが気絶しておらず、自分チームのエナジー個数が5個あればエナジーを消費することなく「発動ラウンド中の相手のチーム全員のサポータにした時の気力回復量が超ダウン&相手の戦闘力が3000以上上がらなくなる」ユニットを発動可能。
  • [1回だけ発動可能]

クイックボーナスはこの3000という数値に含まれていないため、確定で先攻を取るには3500以上の戦闘力が必要

アビリティに関して


アビリティの気力回復は、他のカード(今回は下記の悟空BR・クロノア・ヤムチャ)と比較すると

  • ヤムチャ→気力回復はアタッカーのみでサポータの気力を回復できない
  • 悟空BR→特定のカードをスキャンしていないと気力回復ができない
  • クロノア→相手依存でアビリティの発動可否が決定する可能性がある

することを考えると、アビリティの発動条件なしで、チーム全体の気力を1メモリも毎回回復できるのは、今回の魔神ドミグラだけであり、デッキ構成によっては非常に代用が効きにくい存在であると言えるかと思います。

(他のカードは条件に応じてエナジー増加・被ダメージ軽減・戦闘力増加も可能ですので一概に使いにくいとは言えません)

また、最近では魔神ドミグラ単騎での活躍も目覚ましいですが、ロベルのアビリティ強化条件になっている「魔神ドミグラ」の枠としての採用も人気があるセットです。

(ロベルと一緒に使っていると「ロックオン」発動前のエナジー1個増加が案外ありがたかったりします!)

[SDBHカード性能解説]UM3-36 ロベルの使い方とデッキレシピ

ゴッドメテオに関して


ゴッドメテオ効果の「相手アタッカーの人数×1000のHPダウン」も相手のHPを削る手段として対人戦では有効であり、相手のアビリティ発動や妨害発動のトリガーになりにくい点が非常に使いやすいです。

よく「獄炎のゴッドメテオ」と共に採用をして、相手に獄炎を

  • かき消す手段がなければ「獄炎」を使用
  • かき消す手段があれば「ドミグラメテオ」を使用

といった使い分けをされていることが多いような気がします。

(かき消す手段があっても相手の状況次第では獄炎を選択することもあります。)

獄炎のゴッドメテオの記事はこちら→[対人戦必須アビリティ] SDBH 獄炎のゴッドメテオの特徴と対策方法をご紹介&解説

また「ドミグラのメテオ」と下記の究極カミオレンの「サポータの人数×1000」のHPダウンというアビリティを組み合わせることで、確実に「相手の人数として数えられる人数分だけ1000のHPを削ることができるコンボ」が人気です。

究極カミオレンの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM10-58 究極カミオレンの使い方とデッキレシピ

ユニットに関して


ユニットSの残念な特徴として「エナジー消費をしない代わりに既存効果より必要エナジー個数が多かったり、ユニット効果が1段階弱い」

といった特徴を今回の魔神ドミグラも引き継いでしまっておりますが「疑似的な戦闘力制限ユニット」を保有しております。

(制限値が普通の戦闘力制限ユニットと比較して1000高いため、相手も戦闘力制限ユニットを使える状況では先攻が取れませんので注意しましょう。)

ユニットメンバーはカード化されている種類が少ない「暗黒トワ・超ミラ」であるため実際の対人戦で使われているユニメン候補は以下の2枚だけ知っておけば十分かと思います。

(ミラは採用する必要がほとんどないため、召喚アプリで飛んでくることが稀にあります。ドミグラ・トワの2枚が採用されていてミラだけ採用されていないデッキとの対戦時には召喚アプリに気を付けておくと良いかと思います。)

また、ドミグラのユニットメンバーをそのまま借りてきて「戦闘力制限ユニット」を発動できる「キョアックマン」というカードもありますので、4枠を使って2枚の「戦闘力制限ユニット」を発動することも可能です。

(最近は1Rで全くエナジーを貯められないカードが採用されていることが多いため2枚の戦闘力制限ユニットは必要ないかも?)

キョアックマンの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]GDM10-55 キョアックマンの使い方とデッキレシピ

デッキ紹介&まとめ


そんな魔神ドミグラを使ったデッキがこちらです

デッキ画像

各カードの採用理由を簡単にご紹介すると

(ドミグラ・カミオレンに関しては上記で紹介した内容と同じですので省略させていただきます)

  • フリーザアバターHRタイプ→ドミグラとカミオレンのHPダウンがありますので追加でCI勝利時の固定ダメージを稼げるフリーザアバターを採用。(なんのアバターでもOKです)

 

  • 孫悟空少年期・チチ少女期→相手のエナジー個数に依存性はありますが、戦闘力・パワー増加をさせてくれるこの2枚を採用。チチ少女期はビルスの対策としても有効ですのでお勧めです!

孫悟空少年期の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM10-12 孫悟空:少年期の使い方とデッキレシピ

チチ少女期の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM10-16 チチ:少女期の使い方とデッキレシピ

ビルスの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BM1-SEC ビルスの使い方とデッキレシピ

  • 人造人間8号→孫悟空少年期を採用しているので自分チームのステータスを増加させてくれるこのカードを採用。

人造人間8号の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM5-MCP17 人造人間8号の使い方とデッキレシピ

  • ベジータ王ゼノ→究極カミオレンのパワーダウン効果と微妙に相性が悪いですが「スパーキングの火力」がとてつもなく高いですので採用。なんとなく選んだので好きなカードに変えてもらって構いません。

ベジータ王ゼノの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM10-47 ベジータ王ゼノの使い方とデッキレシピ

今回はHGD10弾SECの魔神ドミグラに関してご紹介させていただきました。

このカードは「条件なしに毎回発動するチーム全体の気力回復」が非常に汎用性が高く使いやすいカードです。

採用していてクセがなく使いやすいゴッドメテオやユニットメンバーの選択の幅は狭いかもしれませんが「エナジーを消費しない戦闘力制限ユニット」も保有しており

最近は共に採用をされていたロベルから独立をして、単騎での採用も多くみられる人気カードですので、興味がある方はぜひお試しください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら