[SDBHカード性能解説] HGD3-SEC2 バーダック:ゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


  • 2R目に相手のエナジーが戦闘力消費によって上がらなくなる
  • 2R以降にアタッカーにすると発動するスパーキングでは超スパーキング(自分チームに気絶キャラクター無し)時に相手HP分だけ自分のパワーを永続で上昇させる

このカードの特徴


個人的に今の環境ならかなりの役割を果たしてくれるのではないかと感じているカードです!

今の環境では下記のようにメタルクウラベジータBRのコンボでエナジーを増やしたり、

バトル開始時からのエナジー上昇からのユニットとアビリティによる気力回復で圧倒するタイプのデッキが多く見られ、

これらのデッキに対してこのバーダックゼノとフィンもしくはUM3弾の孫悟空を組み合わせれば

1Rはエナジー上昇をほぼ封印しつつ、2Rでは戦闘力に対してのみですがエナジーを上昇させずに戦うことが可能です!

最近はUM12のベジータBRのアビリティの発動条件がエナジーが破壊されると発動をさせてしまうということもあり簡単にエナジーを破壊するわけにはいきませんが、

そもそもエナジーを上昇させなければアビリティを発動させる心配もないため有効な対策と言えるでしょう。

それだけではなく、上記で2つ目にご紹介した孫悟飯青年期を使ったデッキに対しては、確かに初めのラウンドで「エナジーガードユニット」は発動されてしまいますが

それ以降のユニット発動に対しては1.2Rで戦闘力を上昇させることでエナジーを確保しているため、2つ目以降のユニットを発動される心配がなくなり最高クラスの対策として有効です!

以上のことから、今の環境であればこのバーダックゼノは環境トップクラスのデッキに対して有効な対策をできていると言えるのではないでしょうか?!

デッキ紹介&まとめ


そんなバーダックゼノを使ったデッキがこちらです!

バーダックゼノ以外の採用理由を簡単にご紹介すると、

  • フリーザアバターHRタイプ→火力源が少ないため、固定ダメージで確実にダメージを稼げるフリーザアバターを選択しました!

 

  • 孫悟空→バーダックゼノのアビリティと合わせて1Rと2Rで相手のエナジーを上昇を最小限にすることが可能であるため採用

  • ベジータ→エナジー妨害だけでは防御面がもろいため、ガードを上げてくれるこのカードを採用。孫悟空をメインにして合体をするかは対戦相手のデッキを見て判定してみてください。

  • ゴワス超一星龍ゼノ→このデッキのエナジー妨害によって攻めにくい状況は作れているので攻めあぐねている相手には、この2人のコンボで気力も妨害もして追い詰めていきたいと考えて採用。バーダックのスパーキングの勝利で相手の大量気絶も狙えるかも?!

  • グレートサイヤマン3号→チームに気力回復枠がいなかったのでとりあえず採用。自由枠ですのでお好みでカスタマイズしてみてください!

バーダックゼノは2Rでのエナジーを上昇させないというアビリティを保有しているためエナジー破壊の対策を持っている最近のデッキに対しても有効な対策をすることができ、最近のバトスタ環境にマッチしたアビリティを保有しています。

ぜひ使ってみてください!

本記事をお読みいただきありがとうございした!

スポンサーリンク
フォローはこちら