[SDBHカード性能解説]BM4-SEC 孫悟飯未来の使い方と個人的評価

稼働したばかりですので、本記事の内容には誤りがある可能性があります。予めご了承ください。

スポンサーリンク

性能紹介


「残された超戦士」

  • 「自身をアタッカーにした作戦決定のボタンを押した後のタイミング」で、自分チームのアタッカーに「トランクス未来・トランクス青年期」が入れば「そのラウンドで与えるダメージ2.5倍&対象キャラがそのラウンド中は攻撃対象にならなくなる。」
  • 「ラウンド終了時のタイミング」で、自分以外で気力がピンチor気絶しているキャラが入れば「そのキャラの気力を2メモリ回復&ヒーローエナジー1個増加」
  • [どちらの効果も条件を満たせば何回でも発動可能]

「ラウンド終了時の効果」は関係ないが、ダメージ2.5倍の方は対象キャラがいないと発動不可

「ラウンド終了時ののヒーローエナジー1個増加」は気力回復対象キャラがいなくても発動します

「絶望に抗う超サイヤ人」

  • 2R目以降にアタッカーにすると両チームの攻撃前のタイミングで「チェンジモード」に突入し、「超サイヤ人」状態にチェンジして「パワー・ガード永続2倍&気力ダメージ永続無効」

チェンジ注意点↓

  • 大成功をするとチェンジしたキャラクターの気力が全回復します。
  • チェンジは「チェンジモード中」に一度でもカードを擦った場合にはチェンジをしてしまいます。
  • チェンジは状態を変化させてしまうためDBH時代のユニットメンバーにチェンジ前の状態が指定されているとユニットの発動が出来なくなってしまいます。
  • チェンジ持ちが複数同じチームに編成されていた場合には、発動可能ラウンドでアタッカーにすると1Rの間に全員まとめてチェンジすることが可能。大成功・成功の判定も共有します。

「絶望の未来」

  • 「バトル開始時のタイミング」で、自身のCI速度が永続で速くなる代わりに自身のミラクルパーフェクト率が永続増加
  • 同アビリティ持ちが複数編成されていればいるほど効果UP

個人的評価


ラウンド終了時の気力回復

グレートサイヤマン3号のアビリティ内容の「自身に固定戦闘力2000付与」が消えた代わりに「ヒーローエナジー1個増加」が付け加えられた感じ

(以下相違点↓)

発動タイミングが

  • 「グレートサイヤマン3号→ラウンド開始時」
  • 「孫悟飯未来→ラウンド終了時」

であるため、孫悟飯の方は

  • 「超一星龍・ラグス」といった「ラウンド開始時」に発動する気力妨害に対して対応不可
  • アビリティ解決ラウンドで「先攻」を取っていなければ「ゴワス」辺りが使ってくる「ラウンド終了時」の気力妨害に対して対処不可

となっております。

  1. 超一星龍の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM7-45 超一星龍の使い方とデッキレシピ
  2. ラグスの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM8-59 ラグスの使い方とデッキレシピ
  3. ゴワスの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]GDM10-46 ゴワスの使い方と個人的評価

ゴワスの件については「アビリティの発動順」が関係してくるので、知らなかったと言う方は下記の記事をご確認ください。

「ヒーローエナジー1個増加・ダメージ2.5倍&気絶無効」など複数の追加効果を保有しているが「気力回復」を目当てにして採用したいかと言われると「対応できる気力妨害の範囲が狭すぎる」ため微妙かな?といった印象です。

作戦決定時のダメージ2.5倍

必殺技コスト4であることを考えると、1Rから大ダメージを与えられる要素として結構優秀

(一緒に「トランクス未来or青年期」を編成しないとダメな点が残念ですが、下記のピッコロのように2人合わせて「戦闘力制限ユニット」のユニメンとしての採用も可能)

「トランクス未来・トランクス青年期」を攻撃から守る→現状のカードプールでは、トランクスを守っても良いことがあまりないので、実質おまけみたいなもの

(本カードは、後でご紹介する「ラウンド終了時の気力回復」としての役割も果たせるが、自身の気力を回復できないという欠点を保有しているため、どちかと言うと唯一気絶の可能性がある1Rの攻撃からこのカードを守って欲しかった笑)

チェンジ効果

  • もはや最近のバーサーカータイプ強カードでは当たり前になった「気力ダメージ無効」がラウンド終了時に発動できる気力回復の欠点である「自身の気力回復不可」を補っているのは魅力的
  • 「パワー・ガード2倍」については、他のステータス増加系カードと組み合わせれば、大きなステータス増加が見込めるかも?(ガード値のステータスボーナスが高すぎる方の場合はチェンジ後にガード値が7000以上となり、下記のカードのアビリティ対象になる可能性があるため注意)

  1. ゴジータBRの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]UM7-71 ゴジータBRの使い方と個人的評価
  2. 孫悟空の記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BM3-36 孫悟空の使い方と個人的評価

追加アビリティ

現在はミラクルパーフェクトを簡単に封印するカードが存在するため、本アビリティはCI速度を無駄に早めてしまうだけの産物に成り果てる可能性がありハッキリ言ってカードを少し使いにくくしているだけに思える(良い使い方があったらすいません。)

まとめ


今回はBM4弾SEC孫悟飯未来のご紹介をさせていただきました。

個人的には

  • 2.5倍ダメージ→1Rから無理なく必殺技の発動を狙えるコストとなっておりますので、火力枠として体制の整っていない相手に取っては脅威かも
  • ラウンド終了時→発動タイミングの違いからグレートサイヤマン3号と同じ役割を果たせるかと言われると微妙だが、気絶しない気力回復キャラになれる点やその他の要素で差別化可能
  • チェンジ→アビリティの気力回復の欠点である「自身の気絶という要素」を潰せるが魅力的
  • 追加アビリティ→CI速度を速くするだけで基本邪魔

と感じました。(使用回数が少ない過ぎるので今後評価が変動する可能性は多いにあります。)

汎用カードとは言えないかもですが、上手く使いこなせれば

  • 「グレートサイヤマン3号の役割を果たしながら戦闘力制限ユニットを無理なく編成でき、1Rから2.5倍のダメージを与える気絶無効キャラ」

という化け物にもなり得ますのでご興味のある方はぜひお試しください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら