[SDBHカード性能解説]BM4-60 ミラの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「別行動」

  • 「1人でアタッカーorサポーターにした作戦決定のボタンを押した後のタイミング」で、敵アタッカーの中で気力が高い上位2人の気力とガード値を永続で1にする。

補足↓

  1. 敵アタッカーが1人の場合は、そのキャラに効果を発揮
  2. 気力量が全員同じの場合は、相手チームの中でスキャン順が早い上位2人に効果発揮
  3. 「気力1=気力ピンチ」とお考えください

「ミラの究極元気玉」

  • 2R目以降にアタッカーにすると、自分チームのCIによる攻撃終了後に「究極元気玉」を発動可能。
  • 発動すると「相手アタッカー全体に強力な気力ダメージを与えて、相手にダメージを与える。」
  • [究極元気玉はゲーム中自分チーム全体で一度だけ発動可能]

補足↓

  1. 「気力ダメージ」と記載がありますので、本攻撃で気力が最低値を下回ったキャラは全員気絶します。
  2. 敵全員と記載されていますが気力ダメージを受けるのはアタッカーのみです。

気力ダメージ量は、受ける相手キャラの気力耐性によって変動します。以下例です(想像以上に気力ダメージが大きいです。)

  • ヒーロータイプ→気力が丁度1メモリ消滅しました。
  • エリートタイプ→気力2メモリ丁度の状態から気絶

個人的評価


アビリティ

  1. 「1人でアタッカー・サポーターにする」という条件ですが、基本的に本カードを1人でアタッカーにできる程余裕がある事は少ないかと思いますので「サポーター1人」を前提で使うことになりそう
  2. 「気力の多いキャラ=相手チームの重要キャラ」であるパターンが多いため「その後の気力回復で上書きされるケースが多々ある事」を考えても、気力を下げられるのは結構強力(グレートサイヤマン3号のように自分自身の気力を回復できない気力回復系カードには効果大?)
  3. 「ガード値ダウン」は、その後にガード値増加の可能性のある「人造人間8号・ベジータ」辺りを使われると大きな効果はないですが、ガード値増加キャラが相手に編成されていない場合は「暗黒魔神アバター」等が保有する集中攻撃アビリティを使用することで、大きなダメージを狙えそう

究極元気玉

下記のカード辺りが保有する「渾身の究極元気玉」と比較して「強力な」という文言がついたため、全体に付与できる気力ダメージ量としては最高クラスの数値です。

(カードによって気力耐性がバラバラであるため、一概に何メモリの気力ダメージと伝えることができず申し訳ないですが、気力が数メモリ程度であればまとまった気絶が狙えそうです。)

「強者の領域・超一星龍ゼノ・フィン」辺りの気力妨害と当然相性バッチリです!

(「究極元気玉発動=アビリティの発動による気力妨害はアタッカーが自分1人でないと不可」という点で噛み合っていないような気がしますが、カードバランスもありますので仕方ないですね・・・)

まとめ


今回はBM4URミラのご紹介をさせていただきました。

アビリティによる「一部キャラの気力妨害&ガード値ダウン」はハッキリ言って大したこと無いですが・・・

  • 究極元気玉による最高クラスの全体気力ダメージ

は、想像以上に強力であり使っていて気分が良かったです!

個人的には、上記でご紹介した気力妨害系カードに加えて・・・

  • ミラをユニメンにしながら戦闘力制限を組める「黒仮面のサイヤ人」(服装は違いますが、ミラの通常形態であることに変わりはありませんのでユニメンにできます。)
  • 暗黒魔神アバターのユニメンに使用する(ユニット効果的に「ダメージ倍増効果をコスト3で半減できるエリートタイプが特におすすめです!」)

を使ったデッキが結構おすすめです。

BM4弾のURカードの中では、低レートよりのカードとなってしまっておりますが使い道があるカードだと思いますので、ご興味のある方はぜひお試しください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら