[SDBHカード性能解説]BM4-41 孫悟空の使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「邪悪に染まる蒼き力」

  • 「毎ラウンド開始時のタイミング」で、自分の気力が1メモリ以上あれば、自分の気力が1メモリダウンする代わりに「自分の攻撃CIで与えるダメージが永続で2000増加」
  • アビリティ発動時点で自分チームがブーストモード中であった場合は、2000から4000に変更

「暴走のガンバンクラッシュ」

  • 2R目以降にアタッカーにすると、自分チームのCIによる攻撃終了後に「ガンバンクラッシュ」を発動可能。
  • 発動すると「本攻撃のみ攻撃相手のガードとダメージ軽減効果を無効にしてダメージを算出する」
  • パーフェクトクラッシュ(簡単に達成可能)で、攻撃相手のパワー値を永続半減

ガンバンクラッシュのダメージは「ダメージ倍増効果」の影響を受けません。(パーフェクトクラッシュ達成前に1200の固定ダメージ有)

よって「獄炎のゴッドメテオ・時の界王神の加護」が発動されている状況でも発動者のパワー値が落ちてなければ、安定的にダメージを出せます。

個人的評価


アビリティ

  1. 初期気力や気力耐性が低いようには感じられなかったが、毎ラウンド1メモリの気力ダウンは地味に重いです。
  2. 得られる固定ダメージ値は発動ごとに上乗せされていくので、通常値であれば「1R2000・2R4000・3R6000」と固定ダメージ値としては申し分ないです。
  3. (「ブーストモード突入状態でラウンド開始を迎える」という条件に関しては、想像以上に狙って発動することが難しいため存在しない程度の認識で良さそうです。)
  4. ライバルに「固定ダメージプラスアルファの要素が詰め込まれているBM3孫悟空の2R以降4000固定」が存在するので「ユニメンで1枚のみ採用したい」となった時に使いたいかと言われると微妙ですが、ガンバンクラッシュのことを考えると安定的に与えられるダメージ値は本カードの方が上ですので差別化できそうです。

ガンバンクラッシュ

  1. ガンバンクラッシュのダメージに対してのみですが「ガードとダメージ軽減効果を無効」にしてダメージ算出をすることができ、パワー値妨害さえ無ければ平均的に4000以上のダメージは期待できました。(獄炎の影響も受けませんので、ほぼ固定ダメージ的に考えて良さそう)
  2. 固定ダメージ持ちのカードとの相性は抜群であり非常に使いやすかった印象です。

まとめ


今回はBM4弾UR「SSGSS暴走悟空」についてご紹介させていただきました。

  1. アビリティによる固定ダメージの増加
  2. ガンバンクラッシュのガードとダメージ軽減効果を無効

の2点でどんなデッキに対しても単体としては最高クラスの固定ダメージが期待できそうな1枚です。

多少デッキは選びますが使えるカードではありますので、ご興味のある方はお試しください。

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら