[SDBHカード性能解説]BM3-36 孫悟空の使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「極めし神髄」

  • 「自分をアタッカーにした戦闘力バトル終了時のタイミング」で、相手チームにガードが7000以上のアタッカーがいると、そのキャラクターの全員のガード値をそのラウンドのみ無効にして、自分の必殺技がエナジー個数に関係なく発動可能となる
  • [条件さえ満たせば毎回発動]

「ガード値無効」とは、言葉通りガード値を無いものとして、ダメージの計算をするという意味です。

「覇を競う戦士たち」

  • バトル開始時のタイミングで、自分の攻撃CI勝利時に与えるダメージを永続で1500増加

「身勝手のカウンターラッシュ」

  • 自分がアタッカーにいる状態で自分チームのHPが残り50%を切っていた場合に相手にCIによる攻撃をされると自動的に発動し、攻撃をキャンセル&パーフェクトラッシュで攻撃をキャンセルした相手の「CI速度永続増加&エナジーを2個破壊」

注意点↓

カウンターラッシュは「自分チームのHP50%以下」という条件を満たせば1Rからでも発動可能で「32ヒットのパーフェクトラッシュ達成時」まではどんなキャラクターであっても「1350」の固定ダメージを与えています。

その後に与えるダメージは自分のパワー値や倍増効果といった状態によって変動します。

カウンターラッシュによる攻撃では、与えたダメージが相手の残りHPよりも大きかったとしても相手のHPは「1」残ります。

カウンターラッシュは自分チームで1枚・1回だけ発動可能であり、複数人カウンターラッシュ持ちをアタッカーにしていた場合には、スキャン順が一番早く、気絶していないキャラクターのカウンターラッシュが自動で発動します。

アビリティに関して


アビリティの「極めし神髄」は、下記のゴジータBRとアビリティ名が違うだけで、全く同じ内容となっているため、説明する必要はないかと思いますが 「人造人間8号・ベジータ・ターレス」といったカードのアビリティによってガード値が増加して、全くダメージを与えられないという事象を回避してくれるカードです!

(BM1SECビルスや高ステータス召喚アプリといった存在にも効果抜群です!)

このアビリティのメリットとしては

  • 下記の「トランクスゼノ」のようにガードを特定の数値に書き換えるわけではなく「ガード値を無効にしているだけ」であるため、相手からすると対策が困難(下記のカードが一応「ガード無効」の対策アビリティを有しておりますが、実際に使われることはほとんどないので、気にする必要はないかな・・・)
  • 「このアビリティを発動できない状況=高ガードキャラが相手におらず最低限のダメージを与えることはできる状況」であることが多いため、ある程度のダメージを確保したいデッキにとっては都合が良い

といった点があげられるかと思います。

カウンターラッシュに関して


下記のUM4SEC悟空や昨年のバインダープロモ悟空と同じ追加効果である「相手のエナジー2個破壊&CI速度の増加効果」を有しております。

追加効果自体は、既存のカウンターラッシュの追加効果の中でトップクラスに使いやすい効果となっておりますが、発動条件が自分チームのHP半分以下であるため、どうしても使いやすいとは言いきれないのが現状かと思います。

ゴジータBRとの違い


ここからは、全く同じアビリティを保有しているゴジータBRとの違いについてご紹介していきます!

  • 必殺技の威力→必殺技係数に多少の違いはあるかもですが、パワー値もほとんど同じであるため、威力に差は無さそうです。 (必殺技係数=必殺技の威力を示したもの)
  • CAAと追加アビリティ→孫悟空はカウンターラッシュがCAAになっているため、復活対策ができない(ゴジータBR側が防御系CAAを保有していないとも言えますが・・・)
  • ユニットメンバーになれるか?→孫悟空は、そのカード名から数多くのユニットメンバーになれますが、ゴジータBRを指定した使い物になるユニットは無いと言えるレベルで選択肢がありません。

採用するデッキに応じて事情は変わってくるかもしれないですが、簡単に使い分けをするなら  

  • ゴジータBR→かめはめ波による復活対策が対人戦では結構有力なので、何もなければこっちを採用
  • 孫悟空→カウンターラッシュ・攻撃CI勝利時の固定ダメージは、確かに魅力だが復活対策をできないのが厳しいので、ユニットメンバーとして等でプラスαの役割を果たせるならこっちを採用

かなと思っております。

ゴジータBRの記事はこちら→[SDBHカード性能解説]BM3-SEC3 ゴジータの使い方と個人的評価

まとめ


今回はBM3UR孫悟空のご紹介をさせていただきました!

ゴジータBRと比較すると「かめはめ波」を保有していない点が大きなマイナスとなってしまい、どんなデッキにも優先して採用できるとは言い切れませんが「ユニットメンバー+アビリティのガード無効」という組み合わせでの代用はできないため、そういったデッキには優先的に採用していきたい1枚かと思います。

ご興味のある方はぜひお試しください!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら