[SDBHカード性能解説]BM3-SEC3 ゴジータの使い方と個人的評価

スポンサーリンク

性能紹介


「復活のフュージョン」

  • 「自分のCIによる攻撃時のタイミング」で、攻撃した相手の防御連携グループのCI速度を超早くして、その攻撃で受けるダメージを1.5倍にする。
  • 「自分がCIによる攻撃を受けるタイミング」で、その攻撃が連携攻撃でなく、攻撃相手のパワー値が自分より低ければ、その攻撃では3000を超える数値で通常技と必殺技によるダメージは受けない。

攻撃を受ける時に発動するCI速度・受けるダメージ増加は、その攻撃中のみ有効ですので、ご注意ください。

3000以上のダメージを受けないアビリティは、キーソードロックでアビリティを封印されていたり、攻撃を受ける前に自身が気絶していたり、攻撃を受けるのが同じバトルタイプの別キャラでは、発動自体ができませんので、ご注意ください。

受けるダメージ1.5倍は、ダメージ軽減効果ダウンによるものです。

[ダメージ倍増効果・ダメージ軽減効果とは?] SDBH カード用語に関して解説

「ドカバキ:最強」

  • アタッカーにして「自分チームのヒーローエナジーの個数が7個以上&自分以外に気力が1メモリ以上ある仲間」が存在すれば、自分チームのCIによる攻撃終了後に「ドカバキモード」に突入し、気力が1メモリ以上ある仲間をパートナーとして、相手のガードを下げながら攻撃し、
    攻撃時にパートナーの気力を1メモリ単位で受け取り、受け取った気力が3メモリ以上なら、追加で自分のステータスにプラスのことが発生する。
  • また、攻撃相手のパワー値を永続で20000ダウン&CI速度を永続で超速くするする。
  • [1度だけ発動可能]

ドカバキは発動条件さえ満たせば、1Rから発動可能です。

「自分のステータスにプラスのこと」とは「与えるダメージ1.1倍・ガード1000増加・パワー3000増加」など様々です。

ユニットに関しては、ネタデッキ以外で使われることがないかと思いますので、今回は割愛させていただきます。

「精鋭パワー爆発ユニット」

  • ユニットメンバー→「孫悟天・トランクス:幼年期」
  • ラウンドの初めに指定されたユニットメンバーが気絶していなければ、自分チームのエナジーを2個消費することで「ユニット発動に使用した3人のパワー値が永続で2倍になる」ユニットを発動可能。
  • [1回だけ発動可能]

アビリティに関して


自分のCIによる攻撃時に発動される「攻撃相手のCI速度&受けるダメージ増加」は、その攻撃中のみ適用ではありますが「大きなダメージを与えられる攻撃の成功率を高める」といった意味で他のカードでは代用が効きにくく、唯一性のある内容かと思いました。

(CI速度を比較するBM1パンゼノ・CIに勝つことでまとまったダメージを期待できるロベル・ドミグラ辺りと相性が良さそうです!)

しかし、自分がCIによる攻撃を受ける時に発動できる「3000以上のダメージを一切受けない効果」については

  1. ゴジータ自身が気絶していてアビリティが発動できない可能性がある。
  2. 攻撃相手より自分のパワーが高くないといけない。
  3. 攻撃相手が連携攻撃をしてはいけない。

などの複雑かつ厳しい条件が課せられているため、使いにくいと感じてしまいました。

(BM1SECビルスのように単体で攻めてくるキャラについては、アビリティが発動しやすいかもしれないですが、パワー勝負で負けることが多そうなので、発動できないかも?)

(ユニットを使用して自身のパワーを2倍にして、相手のパワーを上回るという手もありますが、ユニメンの選択肢が乏しく、悟天の枠については、対人戦で使えるカードがほとんどないため、実用的ではないかと思いました。)

(ゴッドミッション時代に存在していた「ディバイドスカウター」というアイテムのように相手の連携攻撃を封印することができれば、1チャンあるかも?)

ドカバキについて


ドカバキは、1Rから発動することができるのが最大の魅力かと思いますが、発動条件の「エナジー7個以上&自分以外の気力1メモリ以上のキャラの存在」というのが非常に厳しく

今回のゴジータが特別これらの条件を達成しやすいカードではない点から使い道は愚か、発動するのさえ厳しいため実戦で使うことは、ほとんどないかと思います。

まとめ


今回はBM3SECゴジータについてご紹介しました。

性能的な面のみで考えると、自分チームの攻撃時に発動する「CI速度・受けるダメージ増加」以外の効果を対人戦で使うのは、実用的とは言えないかと思いましたが、イラスト面の評価が高いのはご覧いただければわかるかと思いますので、ご興味のある方はコレクション用にいかがでしょうか?

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら