[SDBHアプリボックス]ビッグバンミッションでのおすすめの拡張順番などを解説

アプリの画像

今回は、スーパードラゴンボールヒーローズビッグバンミッション1(SDBH BM1)から実装される新システム「アプリボックス」に関する情報をまとめていきたいと思います。

個人的な意見ではありますが、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

アプリボックスとは?


現在保有できるアプリは各Rで6個ずつとなっておりますが、新たにそれとは別に各ラウンドで5個のアプリ枠を設けて予備枠とし、既存のアプリと交換可能にするというシステムです。

アプリのステータスボーナスやその場で使用できるアプリは、今まで通り6つであることに変わりはありませんが、いつでも入れ替えが可能になったことで

今までのように環境の変化に応じてアプリを使い捨てることが無くなり、その時の環境に適したアプリをカスタマイズしてバトルに臨むことができるようになり、戦略の幅が大きく広がることが予想されます!

拡張方法・入れ替え方


拡張方法としては通常のアプリスロットの拡張と同じく、ドラゴンボールを7個集めた場合の神龍への願いで「アプリスロットをふやす」を選んで、選んだRが既に6枠まで拡張済みであれば、アプリボックスの枠を拡張することができます。

↓(画像にはありませんが、この画面に「アプリスロットを増やす」という選択肢が表示されます。)

神龍願い画面

その他には「ビッグバンミッション1弾〜2弾」の稼働中に引くことができる福引の景品としても、各アバターで5回までしかできませんが、拡張が可能です。

ビッグバンミッション福引に関してはこちら→[SDBH解説]ビッグバンミッション稼働記念ふきびき内容と景品の使い道をご紹介

アプリの入れ替え方としては

  • お金を入れずヒーローライセンスをタッチから「ヒーローデータ確認」の欄から、アプリスロットが開けるので、そこから「いれかえ」のボタンをタッチすることで、入れ替えをすることができます。

拡張する優先順位について


優先順位をつけることの大切さ


ここからは、「どのRからアプリ枠を拡張していくか決めていない」という方に向けて、おすすめのアプリボックス拡張順番に関してご紹介します。

もし、優先順位を決めずに適当に拡張Rを決めていると「現在アプリスロットが全Rで拡張済みの方」であったとしても、アプリボックス全拡張までには「福引」での当選を無しとすると

  1. ドラゴンボールを集めるのに7回
  2. 各Rで拡張可能なアプリボックス枠が5(1R〜5Rまで存在するため計25枠)
  3. 7✖️25=175回も最低でもプレイが必要となります。

特に複数のアバターを育成中の方は、その数に175が掛かってくる計算となりますため、中々大変な道のりになるかと思います。

しかも、中途半端に拡張をしている状態で「欲しかったアプリが出現してしまい、捨てるしかない」という状況になると、非常にもったいないです。

上記の理由からも「優先順位」を持ってアプリボックスの枠を拡張していくというのは、必要なことではないかと思います。

具体的な拡張順番


それでは、具体的な拡張順に関してご説明させていただきます。

簡潔に言ってしまうと管理人がおすすめする順番としては

  1. 2R→2枠開放
  2. 3R→2枠開放
  3. 1R→2枠開放
  4. 2R→1枠開放
  5. 3R→1枠開放
  6. 2R→1枠開放
  7. 3R→1枠開放
  8. 1R→3枠開放
  9. 残りの4R・5Rの開放

です。

具体的な理由としては、やはり各アプリの使用頻度ということに尽きるかと思います。

2R3Rは特に「バトルスポーツスタジアム」(バトスタ)をはじめとした対人戦でよく使用します。

その中でも、2Rを最優先とした理由は、ビッグバンミッションになってから初めて獲得できる限定アプリが「福引当選」によるものということが大きいです。

(仮に福引期間終了後であったとしても2・3Rのアプリの重要性は変わらないかと思いますので、優先順位としては間違いではないと思います。)

今回福引で獲得できるアプリの詳細や使い所などは

にまとめておりますので興味があればご確認ください。

一応アプリの使用ラウンドのみをまとめておくと

  • 100%キャプチャーアプリ
  • ビッグバンミッション開幕アプリ
  • 取り戻した平和アプリ

と4つ中3つが2Rで発動可能であり、これらのアプリは福引を引くと「確率での当選」となるため、当たりのタイミングは誰にも予測することができません。

今回福引で獲得できるアプリは最優先で確保しなければならないというわけではありませんが、使用頻度の観点から見ても2Rを最優先で拡張することには多数の方が共感されるはずです!

3Rも2Rと同様に、このゲームをプレイする上では重要な位置に属している存在ですので、2Rの次に優先とさせていただきました。

23Rの拡張を一気に行わない理由としては「そんなに早いペースでアプリの復刻が起こらない」ということが挙げられます。

UM弾でもアプリの復刻は良く発生していたことですが、それでも1弾に1回、4アプリ程度のペースでした。

これらを考えると、今すぐ23Rのアプリを全枠拡張せずとも、良いかなと考え、使い道がありそうな1Rのアプリ枠の拡張を少しだけ間に入れさせていただきました。

最後に4R・5Rは、基本的に「アバターの獲得経験値増加や獲得友情ポイント増加やバトルアプリのチームボーナスステータス」を最大まで高めるといった使い方をされているのがほとんどかと思いますし、バトスタやミッションで4・5Rのアプリを選択することは、とてつもない拘りでもない限りは、基本的にありえません。

アプリボックス枠を拡張せずとも、上記のステータスは上昇させることが可能ですので、優先度としては最低として考え、最後の方の拡張とさせていただきました。

もちろん、拡張の順番は使用されている方の状況によって変化することが多いため、一概にこれが正解とは言えませんが、少しでも多くの方の参考になれば幸いです。

アプリボックスに入れるべきアプリ


次に「アプリボックス」に優先的に入れるべきアプリについてご紹介します。

アプリボックスに優先的に入れておくべきアプリは、自分で考えた上で使い道が少しでも考えられる「限定アプリ」がおすすめです。

「限定アプリ」は文字通り通常の期間・プレイでは入手することができないアプリを指します。(稀に同効果のアプリが名前を変えて出現することはある)

ビッグバンミッションでもUM弾と同じく、SDBHになってから登場したミッションについては、いつでもプレイをすることができますので、常設ミッションで獲得できるアプリ等は後回しにしても、ある程度数をこなせば、期間を問わずに入手することができます。

それに対して「限定アプリ」はある一定の期間でしか入手ができず、能力的にも唯一無二の効果を持っていることが多く、代用が効かないため優先的に確保しておくべきだと思います。

もちろん、いつでも獲得できるアプリの中にも「乱戦を制する戦士アプリ」をはじめとして、対人戦でよく使われるアプリが多数存在したり、逆に限定アプリの中でも全く使用するイメージが掴めないというアプリが存在するということも事実ですので、一概に言い切ることはできませんが

少しでも使い道がありそうだなと自分が考えたり、周囲からの評価の高いアプリはとりあえずアプリボックスに入れておき、アプリボックスの枠が余ったらいつでも獲得可能で使い道がありそうなアプリを入れておく程度で考えておくと良いかと思います。

いつでも獲得できるアプリの中でも、個人的にバトスタをはじめとした対人戦で使いやすいと考えているアプリと獲得方法については

下記の

でまとめておりますので興味のある方はぜひご覧ください!

対人戦で使うアプリの総まとめに関しては下記の記事をチェック!(限定アプリ有)

アプリボックス実装に対する感想


今回はビッグバンミッションから登場する新システム「アプリボックス」に関する個人的な意見をご紹介しました。

まとめると、アプリボックスとは

  • アプリのストックをできるシステム
  • 入れ替えても廃棄することなくアプリが付け替え可能
  • アプリ枠を拡張するには意外と回数が必要なため、優先順位を決めてプレイを見るといいかも

優先順位としては個人的に

  1. 2R→2枠開放
  2. 3R→2枠開放
  3. 1R→2枠開放
  4. 2R→1枠開放
  5. 3R→1枠開放
  6. 2R→1枠開放
  7. 3R→1枠開放
  8. 1R→3枠開放
  9. 残りの4R・5Rの開放

がおすすめ!

アプリボックスに入れるべきアプリの優先順位としては

  • 「必要だと考える限定アプリを優先的に入れて、いつでも入手可能なアプリは枠が余ったら入れてみよう!」

ということでした。

アプリボックスというシステムは、今まで使用頻度の観点からギリギリ捨てるしかなかったようなアプリに対して「アプリの予備枠」を設けることで

「アプリボーナスによるプレイヤー間のステータス差の誕生」などを避けつつ「アプリ選択の要素を与える」ことでゲームシステムに多様性を持たせて、良くある使用者の悩みを解決してくれる画期的なシステムです。

枠の拡張には、どうしても「お金と時間」が掛かってしまいますが、それに見合った成果は得られるかと思いますので、個人のペースで拡張を進めてみてください。

今回ご紹介した内容は、基本的に個人的な意見となりますので参考程度にお考えいただけるとありがたいです。

この他にも、当サイトでは以下の記事でアプリに関する情報を更新しておりますので、ご興味のある方は是非ご活用ください!

以上、本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
アプリの画像
フォローはこちら