[SDBHカード性能解説]PBBS7-07 ゴジータ:ゼノの使い方とデッキレシピ

スポンサーリンク

アビリティ紹介


  • 自分の攻撃CI勝利時に、自分の戦闘力と与えるダメージが次のRと攻撃から永続2000上昇(パーフェクトで勝つと2000から6000に数値を変更し、CIに負けるとこのアビリティの効果は発動しなくなる)
  • 究極元気玉では相手全員の気力に消費による戦闘力上昇を永続で半減

このカードの特徴


アビリティで獲得した効果を活用できるのは次のラウンドからではありますがCIにパーフェクト勝利し続けることができれば、他のカードではあり得ないような固定戦闘力と固定ダメージを獲得することができます!

パーフェクト以外で勝った場合は上昇値が2000とパーフェクト時と比べると3分の1の数値に設定されているため、可能な限りパーフェクトで勝ち続けたいところです

パーフェクトで勝利し続けるには、UM12弾のCPカードである「ゴッドバード」がおすすめです

ゴッドバードを使えば下記の線が引かれているラインで止めればパーフェクトとなりますのでCIが得意・不得意に関わらずゴジータのアビリティの最大効果を発揮できるかと思います。

究極元気玉ではUM6弾URのゴジータBRが持っていた効果と同じく

気力消費による戦闘力を半減することができ、実際に効果を得られるのは3R目以降になりますが先攻を取りやすくしてくれるという意味でかなり強力な効果だと思います

(究極元気玉は「ゴッドメテオ」と同じく、チームで1枚しか発動することができません。UM6弾のゴジータBRと組み合わせても2回目の究極元気玉は発動できませんのでご注意ください)

デッキ紹介&まとめ


そんなをゴジータ:ゼノ使ったデッキがこちらです!

ゴジータ:ゼノ以外の採用理由を簡単にご紹介すると

  • フリーザアバターHRタイプ→CIに勝つだけで固定ダメージ5000を与えることが可能であり、ゴジータの持つ固定ダメージと合わせればかなりのダメージを与えられるため採用

 

  • 孫悟飯ゼノゴッドバードによってゴジータのサポートが可能であり、トランクスゼノの「戦闘力制限ユニット」のメンバーであるため採用

  • トランクスゼノ「守りの構え」&「戦闘力制限」を持っているため好きな時に先攻を取れたり、チームの防御面をさぽーとしてくれます!

  • 悟空ゼノ→トランクスゼノの「戦闘力制限ユニット」のユニメンであり、自身のアビリティである「ハイ・ボルテージ」とトランクスゼノの「守りの構え」は同じ効果を有しているため2枚合わせてかなりの防御性能を発揮してくれます。

  • ヤムチャ→チームの気力回復枠と「戦闘力制限ユニット」を発動するのに必要なエナジーを稼いでくれるお馴染みのカードです!

  • 究極カミオレン→相手アタッカーのパワーダウンとサポータの人数に応じたHPカットでこのデッキの攻撃防御に期待できるため採用。

このカードはCIの勝ち負けで発揮できる力が大きく変動しますが、勝ち続けることができれば他のカードでは発揮できないような力を発揮してくれます。

ぜひお試しください!

本記事をお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
フォローはこちら